浅草・初音小路 バー『気まぐれえりこ』遂にオープン

シェアお願いします♡

お友達のえりこのお店がオープンしました。その名も気まぐれえりこ。なんと浅草初音小路にお店を出したのだ。

 

えりこは下町のバーで知り合ったんだけど、その頃は前に行ったBBCの店員だった。二十歳の子供がいるからそこそこの年齢なんだけど、そうは見えないくらい若い。そして物凄い天然ボケで、酔って転んでおでこに絆創膏を貼ってたこともあった。
一緒に浅草散策をしたこともあったんだけど、その頃から自分のお店がやりたいと言ってて、立石の人生のスパイスというお店を週末だけ間借りしてプレ気まぐれえりこをオープンさせたりもしていた。

その後、一時期はピザ屋さんで働いてて、いつか行った時は店長代理を務めたりもしてかなり忙しそうだったんだけど、バーで会うといつも元気そうなので安心していた。

そしたらふいに「お店決まったの」と言うではないか。しかも初音小路というので二度びっくり。本当にオープンできるのかななんて皆で心配していたんだけど、遂に7月21日にオープンしてしまった。なのでさっそく行ってきました。

 

浅草・初音小路の飲み屋

実は敷居が高くて初音小路はあまり行ったことはなかった。たまに通り過ぎる程度。かつてはゲイバーだらけだったらしいが、最近はそうでもないという。実際に行ってみると時代に取り残されたような不思議な空間、初音小路。

f:id:makisakouonuma:20170727002030j:plain

 

その一角に気まぐれえりこがあった。

f:id:makisakouonuma:20170727002102j:plain

皆の心配を余所にちゃんとお店らしく仕上がっていた。こじんまりしているけど、素敵なお店だった。


皆に愛されるえりこ、入ってみたら知った顔がたくさん集まっていた。『気まぐれ』というネーミングが不安感を煽るが、お酒の価格も400円〜600円と良心的。おつまみも充実しており、唐揚げもお店で揚げてくれる本格ぶり。カウンター4席程度の小さなお店だが、野外席もあるので多少客が増えても対応できる。

 

おめでとう、えりちゃん。
自分の店を持ちたいという夢をひたすら追いかけてきたえりこ。料理やお酒の美味しさももちろんなんだけど、なによりも人懐っこくて中々良いキャラをしている。夢が叶ったといってもこれからが本当のがんばりどころ。応援してます。

 

みなさんもぜひ足を運んでみてください。土日は昼間から楽しめるとのこと。浅草観光ついでに「気まぐれえりこ」で一杯。ぜひ行ってみてね。

f:id:makisakouonuma:20170727002305j:plain

 

 

気まぐれえりこ

浅草2-7-21
平日17:00~0:00
土日祝11:00~23:00

kimagureeriko.tokyo

それでいいっしょはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。