この夏は屋外プールでバイトをしている

シェアお願いします♡

あっと言う間に一日が過ぎていく。この夏は楽しいけどしんどい。

日雇いで行ってる工場の募集が生産ラインの都合で不安定になり、片っ端から色々な日雇いをこなした。
ドリンクのサンプリングのバイトに行った時は無料で飲み物がもらえると聞きつけた人々が殺到してびっくりした。「これ冷えてないよ!」。供給が追い付かなくて冷えてないドリンクを渡したところ、クレームがたくさん来た。無料でもらえるものにケチをつけるとは。同じく日雇いの大学生に面白がって「1時間あたり500人の乞食が見れることなんて中々ないからよく見といた方がいいよ」と伝えたらケタケタ笑ってた。


こんな生活耐えられない。思いの外過酷な労働環境に疲れ、どうしようと思った矢先に知らないPHSから電話。「かなえさん、今年はうちでバイトできませんか?」

去年バイトしていた埼玉の市民プールの管理会社だった。「できます!できます!」。二つ返事で答えた。正直ラッキーだと思った。プールの受付のバイトは朝から晩まで肉体労働をしているよりも楽だからだ。

そんなわけでプールで今年もバイトをしている。チケットを売ったり、プールサイドの忘れ物を点検したり、ロッカーで子供が吐いたゲボを清掃したり。監視員ではないので常夏気分っていうわけでもないけど、それなりに楽しくやっている。一人だけ去年一緒に働いていたバイトの女の子が今年もやっていたので嬉しかった。

しかし楽しいだけが労働ではない。夏の屋外の暑さよ。一応屋根はあるけど、クーラーがない。風は入るけどぬるい。滴るほどの汗をかき、失った水分を補給するように飲み物を飲む。朝もそれなりに早いし、移動時間も40分かかる。
あと久しぶりの接客業ってのも中々来るものがあるなあ。やっぱり知らない人との接触って本当に疲れる。接客業向いてないって久々に実感した。

楽しいっちゃ楽しいよ。大学生のバイトの男の子に「一回りも年上なんだからもっと敬ってね!」って言って驚かれたり。あと小学生低学年の6人組に「御履き物脱いでねー」って声を掛けたら「ここで吐くんですか?」って言われたからめんどくせえネタ振りだなあって思いながら「たくさん吐いてねー」って返したらみんなして「オエエ」とか言い出して参ってしまったり。プールでバイトっていうと華やかなイメージだけど、全然そんなことはない。でもそれなりに楽しい。

そもそも生活ができてないのでバイトを1日増やして週5にしたの。久しぶりに5連勤とかしてる。そんなわけで一日終わるころにはぐったり。最近は帰宅してすぐに寝るようになってしまった。せめて暑さを緩和できるようにとアイスノンなどの購入を健闘している。
おかげで原稿もブログも滞り気味です。書きたいことはいっぱいあるのに。

 

今日は久しぶりのお休み。渋谷で原稿のミーティングしてきますよっと。そろそろちゃんと動けるようにがんばろう。

それでいいっしょはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。