アロマに空気清浄機、お茶!つらい目の痒み、鼻水…花粉症も対策グッズで乗り切る 

シェアお願いします♡

Masked

今年もついにこの季節がやってきた。花粉症!!
あたしは小6に花粉症を発症してしまったのでかれこれ花粉症とは20年の付き合いになる。毎年、目は腫れて痒みが出て、涙がガンジス河のようにとめどなく流れる。朝は目ヤニで目が開かない。鼻水もナイアガラのように激しく噴き出す。くしゃみはまるでメタルストームのように何万発も連射される。この時期になるたびに生きる気力を失ってしまう。

しかしあたしもだてに30年生きてはいない。あれやこれやと花粉症対策アイテムを色々試してきた。諦めてはいけない。そう、あたしたちは花粉症という絶対王政に抗う民だ。その甲斐あって、最近は昔よりも3月を生きるのが楽になってきた。その小技をぜひここに記したい。

まずはおとなしく病院に。アレグラ、アレロック、タリオンなどを処方してくれると思う。病院によってはネブライザーも使わせてくれて蓄膿症予防にもなる。病院に行く暇がないって人も今ではドラッグストアや通販でもアレグラが買えるからそれを利用したらいいと思う。

空気清浄機

部屋の中にこれがあるだけで安全地帯に。あたしも結構前に3万くらいのダイキンの空気清浄機を買ったんだけれど、やっぱり全然違うの。無花粉エリア発動!そんで今はどんなのが売れてるんだろうって思って調べたら加湿機能とかついてるのが結構あって良さそうだった。なんだかんだでSHARP一強なんだなって印象かな。安いものだと1万ちょっとで買えるのでお買い得だと思う。たぶん、これから新生活始めるって人も結構いると思うんだけど、まだ空気清浄機を持ってない人はぜひ試してもらいたい。

 

 

ネトル(お茶・サプリメント)

花粉症の方にぜひおすすめなのがネトル。セイヨウイラクサっていうハーブのことなんだけれど、これが花粉症の症状、というかアレルギー全般の症状を抑えてくれる。そのネトルに入ってるケルセチンっていうポリフェノールがアレルギー症状を引き起こすヒスタミンという物質の分泌を抑えてくれるんだって。

個人的にはフリーズドライ製法でカプセル化したECLECTICってブランドのネトルをずっと飲んでるんだけれど、もう本当に楽になった。そんで、ECLECTICのサプリは国内で買うと高いので、ずっと個人輸入を利用してる。ちょっと高いかなって言う人はNature's wayっていう庶民派ブランドでも全然良いと思う。あとサプリはちょっと抵抗あるなって人にはお茶がいいかも。とにかく毎年秋から続けて毎日飲んでるとその次の花粉シーズンが全然楽。

 

乳酸菌サプリ

花粉が身体に侵入すると、白血球の2型ヘルパーT細胞の働きによって免疫反応が起こります。2型ヘルパーT細胞が作る免疫グロブリンE(IgE)はヒスタミンを放出させる働きを持つため、アレルギー症状の原因となってしまいます。そんなときに役に立つのが乳酸菌。乳酸菌は2型ヘルパーT細胞の働きを抑える作用を持つ、1型ヘルパーT細胞をパワーアップさせます。そして2型ヘルパーT細胞を弱める働きがあります。乳酸菌といえばヨーグルトや飲料が有名ですが、コストや摂取カロリーのことを考慮するとサプリが一番お得です。特にNow foodsは含有量が高いのでおすすすめ。

  

アロマ(ユーカリ)

それでもまだつらいって人はユーカリのエッセンシャルオイルの芳香浴がおすすめ。ユーカリのスーっとした香りは鼻通りをよくするほか、粘膜を整える作用があるのでちょびっとだけ楽になる。これにペパーミントやティーツリーをブレンドしても良い。抗菌効果もあるのでカビ予防にもおすすめ。最近は手頃なアロマディフューザーもあるし、ちょっとした来客の時の芳香剤としても便利なのでぜひ利用してもらいたい。ちなみにこれも個人輸入なんだけど、now foodsのユーカリが内容量も多くて安いのでヘビーユーザーにぴったり。

 

個人的にはユーカリのバスエッセンスも愛用しているんだけど、お風呂の湯気+ユーカリで一時的に鼻通りが改善されるのでめっちゃ良い。まあ、お風呂からでちゃうとまた鼻詰まっちゃうんだけどね。

 

あとユーカリのマスク用のスプレーってのもあって、これも結構重宝してる。マスクにシュッとスプレーするだけでスースーして鼻通りが結構良くなる。アロマって天然由来だから吸ったりしてもちょっと安心。

 

のど飴

えー飴?って思われがちだけれど、やっぱり喉と鼻って繋がってるから、一時しのぎだけど結構効く。早川製菓の喉鼻すっきりキャンディーをよく舐めてるけど、スースー感はスーパーミントキャンディーの方が上かな。涙が出るくらい強い。こっちもユーカリとメントール入り。辛ハッカはな飴も人気があるので今度試してみたい。

 

これから二か月、とっても大変な時期だけれど、色んなアイテムを活用して上手に花粉症を乗り切ってもらいたい。

それでいいっしょはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。