クリスマスと風邪と面接とジョージマイケルとブレンディのCMと

シェアお願いします♡

メリークリスマスでした。美味しい料理と主に素敵なクリスマスを過ごしたはずなのに風邪をひいてしまった。面接前なのに、いつも人生ギリギリ崖っぷち。工場勤務と夜遊びと面接で疲れが溜まったのだろう。自業自得だ。だからといって面接を諦めるのはいやだからと病院でビタミン注射を打ってもらって寝て起きたら、身体は熱っぽいのに意識ははっきりしているという妙な状態に陥った。

布団の中で今年は本当に本当に色んな事があったなあとぼぉっと考えていた。いつも音楽に囲まれて、そして人に囲まれていたなあ。仕事は決まらなかったけれど、でもこれはこれで恵まれているなあと思ったけど、それはまた今度まとめよう。

 

そんでちょっとフラフラ気味で面接に行ったんだけど、全然ダメだった。相手の求める答えが判断できずにとんちんかんなことばかり言っていた。面接の才能が圧倒的にない。というかとんちんかんな人間だからそれはしょうがないのかもしれない。

 

-------------------------------------------------------------------------------------

 

ジョージマイケルが死んじゃった。

ジョージマイケルなんてワムの人、ラストクリスマスの人ってイメージしか世間ではないと思う。イギリスのローカルタレントというローカルシンガーだからしょうがないんだけれど、実際は「頭がおかしいけど、それなりに良い歌をうたっているゲイ」だった。

代表曲のケアレスウィスパーはとってもよい。

Careless Whisper

Careless Whisper

  • ジョージ・マイケル
  • ポップ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

これは色々な人がカバーしていて、自分は世代的にそっちで知った。 

タミア

Careless Whisper

Careless Whisper

  • タミア
  • R&B/ソウル
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

ブライアンマックナイト

Careless Whisper

Careless Whisper

  • ブライアン・マックナイト
  • R&B/ソウル
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

そしてテレサ・テン!

CARELESS WHISPER

CARELESS WHISPER

  • テレサ・テン
  • 歌謡曲
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

自分の世代だとMary JとのASも良かった。これは高校生の頃本当に良く聴いた。 

As (Duet with Mary J. Blige) [Remastered]

As (Duet with Mary J. Blige) [Remastered]

  • ジョージ・マイケル & メアリー・J. ブライジ
  • ポップ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

他にも良い曲を色々歌っている。

Fastlove, Pt. 1

Fastlove, Pt. 1

  • ジョージ・マイケル
  • ポップ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes
Amazing

Amazing

  • ジョージ・マイケル
  • ポップ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

こんな素敵なシンガーのジョージ・マイケルだけど、実はゲイの集まる公園で局部を露出しながら自慰に耽っているところを逮捕されたイカレポンチだった。しかもそれを自分の曲のPVでパロディーしたうえに、「相手の警察官が先に局部を出してきたんだ!」とテレビで言いまくって相手に訴えられたかなんかでまた揉めたというハイパーな人だった。

やっぱりマリファナやドラッグが好きな人で、ちょっと前にも交通事故なんかも起こしたり、肺炎で入院したりしていて、どことなくホイットニーやエイミーワインハウスと同じ匂いがしていたので、訃報を聞いても驚きはしなかった。むしろ「ああ、やっぱり」という気持ちしかなかった。

同じイギリスでゲイなのにまっとうに生きるエルトンジョンとどこが違ったんだろうかとふと思う。別段思い入れはないけれども、ゴシップサイトで彼の奇行が報じられることがなくなるのは少し寂しい。

-------------------------------------------------------------------------------------

 

今日は面接の後に疲労と発熱で寝ていたんだけれど、うつらうつらしていたらふとブレンディの酷いCMのことを思い出してしまった。

牛の社会を人間に例えたストーリーなのだが、あまりの酷さにすぐに放送中止。海外でも炎上したCMだった。まあ、ブレンディ側だけが悪いわけではない。それを制作した広告代理店が悪い。そしてそれにOKをだしたブレンディも悪かった。

youtubeなどでは動画が次々と削除されてしまい、すっかり記憶の彼方に消えかけているんだけれど、たまたま見つけたので貼っておく。

性差別や残酷な描写もあって本当に嫌になるCMだ。これをなかったことにするのはちょっと虫が良すぎるよってなわけでまだ見てない人は見てね。

 

 -------------------------------------------------------------------------------------

明日は工場勤務。年内はあと2日ほど夜勤を入れて小銭を稼ごうと思う。東京サバイバーだ。早く風邪がよくなりますように。

それでいいっしょはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。