カリフォルニアで医療用大麻を愛用していた時の話

シェアお願いします♡

高樹沙耶の話題が凄いね。まあ、センセーショナルといえばセンセーショナルなのかもしれない。よくある話っちゃよくある話だが。


あたしはアメリカに住んでいた時にマリファナを吸っていた。至極、合法的に。

その頃、まだ25、26だったあたしは無駄に仕事に一生懸命で、朝の9時から24時過ぎまで毎日デスクに座ってPCにかじりついていた。食事はジャンクフードばかり。タコベルにスシボーイ、パンダエクスプレス、そしてたまにタイ料理をデリバリー。家に車で帰ってきてバドライトを飲んで寝る日々。身体にいいわけがない。

ある日突然、起きたらものすごい頭痛と気だるさと喉の閉鎖感に襲われてしまった。全身を指さして「pain!pain!pain!」とルームメイトの白人に言ったら「crybaby」と笑われてしまった。でも本当にしんどかった。
もう一人のルームメイトの日本人に言ったら「たぶん緊張性頭痛だからマッサージに行きなよ」と言われて、仕事を休んでガーデナのマルカイの隣のチャイニーズ系のハードなマッサージに行ったら幾分よくなったけど、やっぱり調子が悪かった。

そんで日系アメリカ人のハーフの友達に相談したら「マリファナが効くよ!」と言われて、ベニスビーチの病院に連れてかれた。あそこが痛い、ここが痛いとジェスチャーも交えて説明し、あれこれ聞かれてわからないときは友達に通訳してもらった。同意書にサインなどをしたら意外と簡単にメディカルカードをくれた。たぶん、あたしがJ-1ビザを持っていてソーシャルセキュリティもあったから簡単だったんだろうなって思う。旅行者じゃだめかもしれない。ちなみに、100ドルほどかかってしまったけれど。

そのメディカルカードを持っていればマリファナを所持していても捕まらないのだ。というわけでさっそく友達からマリファナを買って家で吸っていた。ガラスパイプは友達が古いのをくれた。

マリファナには筋肉を弛緩する作用があるんだけれど、これが効果テキメンだった。頭痛もだるさも喉の閉鎖感も一気になくなった。腰や背中、肩、首が楽になる。まあ、いったん寝てしまえばTHCが抜けてしまうので、またコリを感じたりするんだけれど、おかげで頭痛などは再発はしていない。仕事も毎日続けていたし、毎日毎日吸っていたわけではないんだけれど、でも調子の悪いときとかまったりしたい時は吸ってたな。おかげでアメリカ滞在中は頭痛に悩まされることはなかった。勤務時間を調整しながらビクラムヨガに通い始めたことも大きいと思うし、お好み焼きというリーサルウェポンで野菜を積極的にとった。

日本に帰ってきて、また頭痛になってCT撮ったりしたんだけど、結局東洋医学系の外科医に見てもらったら後頭神経痛ということで鍼治療を施してもらっていた。こういうときにマリファナがあればすぐ良くなったんだろうなって思ったりもした。


で、吸うとどうなるのって話なんだけれど、自分の場合は感覚が研ぎ澄まされる感じだった。今思うとその分、判断能力は鈍ってたかも。でも効いている間は考え事は考え事でしていたと思う。あと、身体の中の感覚が研ぎ澄まされたのが印象的だった。肘に意識を向ければ肘が敏感になった。だから進んでストレッチやヨガの真似事をしていた。

そんなもんっす、マリファナなんて。音楽が良く聴こえて、食べものも美味しく感じられて、まったりする。別に幻覚や幻聴があるわけじゃない。判断力が鈍るから運転とかはできないけれども、お酒の延長くらいにしか思わない。
本心を言えば「麻薬」という世間の認識とちょっとだけずれを感じる。依存性もないし、正直「なくても平気だけど、あれば人生が少しだけ楽しくなる」って感じ。


高樹沙耶に関しては芸能人枠でビザも取りやすいんだし、お金を持ってるか持ってないかはしらんがさっさとカルフォルニアに移住しちゃえば良かったのに、って思った。まあ、日本で政治とかがやりたかったりとか事情はあるんだろうけど。

たしか一般人でもJ-1ビザって35歳くらいまで行けるんじゃなかったっけ。
まずはお金貯めながら1年くらい英会話に通ってください(オバマ政権になってから移民に対して厳しくなったので英語試験が課されるようになった)。そんで海外就職を扱ってる斡旋会社に相談してカルフォルニアの良い日系の会社を見つける。大抵は足元見られて月1200ドルくらいしかもらえない会社が多いけど、たまに2000~2500ドルもらえる会社もあるのでなんとかして見つけてくださいな。そしたら1年半は確実にカルフォルニアに住めるよ。運が良かったらそのままビザサポートしてくれるし、Eビザに変更したら更に5年以上いれる。
グリーンカードは中々もらえないけど、抽選で当たるって例もなきにしもあらずだし、向こうで裕福なパートナーを見つけて結婚しちゃえばいい。あたしは偽装結婚をしてあっちでグリーンカードを取得したやり手の日本人ホモを知っているよ。あたしも2万ドルで偽装結婚持ちかけられたことがあるけれど、業務命令で泣く泣く帰国しました。


まあ、別にマリファナを薦めたいって話をしてるんじゃなくて、マリファナは言うほど悪いもんじゃないし、堂々とマリファナ吸いたきゃカリフォルニア住みなよって話でした。


それでいいっしょはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

  • SEOブログパーツ
  • SEO
  • loading
  • それでいいっしょ