念願の浅草サンバカーニバルに行きました

シェアお願いします♡

もう下町ではお馴染み、浅草サンバカーニバルにやっと行ってきました。

実は初めて行ったんだよね。
なぜかというと毎年この土日はマンキービーチっていう茨城で開催されるゲイのビーチパーティーに行ってたから。毎年泡だらけになって酔っ払ってました。でも今年はバイトがあるので茨城には行かなかった。そのバイトも3時までのシフトだったので、念願のサンバカーニバルに行けたのだ。

 

良かった~。

衣装がゴージャスで、サンバのリズムも軽快で、ダンサーの顔も活き活きしていた。


サンバはいいね。サンバよりはバイルファンキの方が好きだけど、でもサンバも良かった。お尻で踊る音楽だ。
先日も河内音頭に行った友達と「人類が最初に作った楽器は打楽器なんだよ。だからお囃子とかってアガるんだよ」って田口ランディのオクターブの受け売りで盛り上がってたんだけれど、サンバもリズムで踊る音楽だ。だからとても楽しくなる。


ダンサーはほとんどは日本人だけれど、山車に乗った女王役や王様役はやっぱりブラジル人。女性は尻や胸を露わにして、男性は胸筋を誇らしげに披露する。見物していた男の子二人組みが「先輩!ほら見て!ケツ!ケツですよ!」と興奮気味に話していたのが面白かった。いつもは車が激しく行き来している道路を交通止めにし、山車と何十人もの人々が練り歩く。何チームも出ていて、それぞれの特色を楽しめる。中には兵庫から来ていたチームもあった。

下町とブラジル、なんか不自然な組み合わせだとふと感じた。なんで浅草なんだろうねと調べたら、町おこしのために30年前、神戸のサンバカーニバルを参考に浅草でも始めたとのこと。それでも30年も続けていたらもう地元カルチャーのひとつだよなと思う。
あたしは日本人だけれど、気がつけば地元にブラジルからの移民が増え、中学時代にはブラジルタウンになっていて、ブラジルカルチャーと隣りあわせで暮らしてきた。ブラジルスーパーで買うポンデケージョやキベ、インカコーラの美味しさを知っている。ブラジルバーでは、読み方すらわからないビールを飲んで、チーズシュラスコバーガーを豪快に食べるのが好きだった。久しぶりに触れるブラジリアンカルチャーにわくわくした。

実は友人の同僚がカーニバルに参加していて、あたしも参加しないかと誘われたことがある。少しだけステップを習ったが、そのときは既に無職だったので「無職だから衣装代が出せない」「就職したら練習に参加できないかも」などといった理由から断ってしまった。でも今回の壮大なカーニバルを見たら断ったことをちょっと後悔してしまった。

下町の夏の終わりを彩る浅草サンバカーニバル。行った事がないよって方はぜひ来年いってみてください。あたしとしては茨城のビーチパーティーも捨てがたいが、来年のサンバカーニバルも楽しみたい。なんとも贅沢な悩みなのである。


それでいいっしょはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

  • SEOブログパーツ
  • SEO
  • loading
  • それでいいっしょ