隅田の花火大会は月島からはあまり見れなかった

シェアお願いします♡

アメリカで働いていた時の同僚、というか先輩が帰国した。
典型的な外国人気質の方なんだけれど、アメリカ生活とはなんぞやというものをあれこれ教えてくれた恩人。ロサンゼルスの色んな遊び場所に連れてってもらった。労働環境の悪い前の職場を先に辞め、カナダ人の男性を知合って結婚をし、カナダに移住していた。

今でもつながっているので「一時帰国するからタイミング合えば飲みましょう」という話だったんだけれど、一昨日帰国したばかりだったのにいきなり「義姉の家で花火を見よう」というお誘いがきたのでのこのこと行ってしまった。

義兄さん夫婦のおうちは月島の立派なタワーマンションでした。先輩の旦那さんはカナダに残ってて、旦那さんのお兄さんは中国出張で不在。でも旦那さんのお兄さんの奥さん(日本人)とその友達の日本人女性、とその彼氏のアメリカ人男性という国際色豊かなメンバーが出迎えてくれた。

「外国人と付き合う日本人」って特有の陽気さとかハイカラなところとかあると思うんだけれど、それを大いに楽しめた会だった。英語混じり日本語混じりの妙な会話だったけれど楽しかった。アメリカ人の男の子が「うちのお兄さんは何歳でしょう」って兄の写真を見せてくれたんだけれど、めっちゃ整形してて笑った。「お兄さん、ゲイでしょ」って言ったら「なんでわかったの?」なんて聞かれたけれど、まあ、ゲイじゃなければ整形なんてしないわな。
先輩も元気そうだった。「カナダはアメリカよりも退屈」なんて言っていたけど住めば都なんじゃないかなって思う。

とは言っても急ですから、実は花火には間に合わなくって見れなかったの。手土産だとか用意していったら時間がかかっちゃって。でもマンションからは見れなかったけれど、その下の河川敷からは見ることができました。ちっちゃかった。

f:id:makisakouonuma:20160731155622j:plain



でも別にいいんだ。足立の花火大会も毎年見てるし、祖母の家が茨城だから昔は土浦の花火大会もよく見てた。だから花火が珍しいってこともないし、あんまり執着してないの。なんて言ったら身も蓋もないのかもしれない。
でも隅田川の花火大会って元々は江戸時代に飢饉とコレラで亡くなった人を弔うために打ち上げたのが由来なんだって。それからは慰霊だけじゃなくて、悪病退散のために続けられてたという縁起の良いもの。だから少しだけでも見れてよかったよ。

それよりも月島からは花火大会から帰ってきた屋形船が何艘も川を渡っているのが見れて、そっちの方が素敵だった。

f:id:makisakouonuma:20160731155637j:plain


途中で先輩とコンビニにお買い物。先輩は7年アメリカで働き、更に3年カナダで生活していたから日本の感覚があまり残ってないみたい。「日本のコンビニ、本当に綺麗!」とファミマで大興奮していた。あとおまけのついた雑誌にもはしゃいでいた。日本で買い物するのは5年ぶりとのことで緊張しながら小銭を支払っていた。浦島太郎だなと思って面白く見ていた。

明日は工場バイトの帰りに先輩と飲んできます。懐かしい話をたくさんしようと思う。


それでいいっしょはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

  • SEOブログパーツ
  • SEO
  • loading
  • それでいいっしょ