肉体労働を初めて1か月がたった。

シェアお願いします♡

makisakouonuma.hatenablog.com

早いものであれから1か月が過ぎて、既に5週目が終わろうとしている。で、どうなのよって話なんだけれども、慣れたと言えば慣れたかな。疲れを疲れと思わなくなった。腰や背の痛みを痛みだと思わなくなった。そんな感じ。

でもやっぱり痛みは痛みだ。工場から駅にバスで戻ってきて、一服しようとドトールでタバコ吸ってたりするといつの間にか寝落ちしている。あと電車の中でも寝落ちしている。家についてもいつのまにか寝落ちしている。疲れている。

最近も腰にあのぎっくり腰独特の嫌な感触がするから、重い腰を上げて軽い財布を持って鍼に行ってきました。先生に「どうしたの、これ」って言われちゃった。腰パンパン、そして腰をカバーするために尻を使っているから尻もパンパン。肩もパンパン。

遠慮なくずぶっと刺してもらいました。んであたしも鍼は結構慣れてるんだけれど、今回の尻に刺された鍼はすげー痛くって、「イタっ」っつってのけぞってしまった。「筋性防御反応っていうんですけど、筋肉が収縮している酷い状態です」だってさ。打った鍼から電気を流してもらって、カッピングをしてもらったらだいぶ良くなったよ。

腰椎の捻挫、あと胸椎の捻挫だって。あらら。何事かと思ったらやっぱりぎっくり腰でした。あと肩は肩関節周囲炎の可能性もありだって。いわゆる四十肩。週3しかやってないのにこんなにボロボロになってしまった。

それで先生に「肩の筋肉が一回り大きくなった」と言われた。確かにそうかもしれない。胸も筋肉がついた気がする。今まで着ていたTシャツが小さく感じる。なんていうとめちゃくちゃ良い体を想像するかもしれないけど、実際は大したことないから悲しい。なにより体を動かすと腹が減るからC&Cカリーショップとかでロースカツカレーとか食っちゃうんだよね。だからお腹は全然痩せない。

でも人間関係はめちゃくちゃ良い。というか自分が派遣だから内部を全部見ていないだけなんだろうな。でも皆、基本的に他人に興味がない気がする。工場で淡々と作業をこなし、必要以上の雑談をせず、退勤と同時に一斉にバスで帰る。そんな感じ。でも丁寧に扱ってくれるから一切ストレスがない。今まで働いてきた職場の中で一番ストレスがない。

とりあえず腰のダメージを何とかしようと思って、物を持ち上げるときに一度膝を床について、スクワットみたいな動きに変えたらとっても楽になった。慣れてきたらボディパンプの時のランジみたいな動きで持ち上げるようにしたら更に楽になった。

そしてamazonでコルセットを買ってみたらこれがとっても良かった。さっそく今日腰に巻いてみたいんだけれど、いつもの痛みが一切ない。もっとはやく買えばよかった。

なのでこれからも頑張って働こうと思ってはいるんだけれど、如何せん週3だと給料が少ない。なので就活に響かないように8月は土曜日に別の現場に入るつもり。そっちは接客だから工場みたいな疲れはないと思う。

色々大変だけれども、がんばって生き抜こう。

それでいいっしょはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。