髪を切ることは骨格を補正することなんだって知った

シェアお願いします♡

今日は午前中に髪を切ってきた。
たまに飲み屋で一緒になる美容師さんの評判が良かったので「ならば」と思い、ネットで調べて予約をしていったのだ。商店街の一角にある和風で隠れ家のような建物だった。一人でやってるようだ。

 

ティーツリーの香りが強い自然派シャンプーで洗ってもらったあとに「印象は崩さないでこざっぱりと」とお願いした。はあい、と言いながらしょっぱなから髪をザクザク切っていくので「いやあ、刈り上げっすか」って驚いた。あたしみたいなオカマにも社会生活ってものがあって、奇抜な髪型はちょっとって焦った。正直に「刈り上げ?」って聞いたら丁寧に説明してくれた。後頭部の形が良くなく、ボコっと出ている。そのため髪が伸びるとそこだけボリュームがでてしまう。それを抑えるために首から後頭部にかけて短く切って、2ブロック(全体としては3ブロック)にしているとのこと。でも表面に来る髪の長さは長いままなのでそれが蓋になってショートの部分は隠れるらしい。「髪を切ることはある意味、骨格補正だから」と言っていた。目から鱗。今までの美容師さんにはそんなこと言われたことがなかった。

サイドもまったく同じことをしてもらった。パッと見、長さは今までとあまり変わらないのにボリュームが全然違う。後頭部のボコの他にも「エラがあるから」とか「もみ上げの長さが左右違う」とか痛いところを色々指摘しながらもそれを補正できる髪型にしてくれた。眉とおでこの間隔が狭いと印象がきつくなるからと眉のムダ毛も少し処理してくれたのもうれしかった。頭皮の状態、髪質などにもアドバイスをしてくれた。再度のシャンプーもグレープフルーツの香りが気持ちよかった。なんでも酢酸ナトリウムのシャンプーらしい。石鹸系だとどうしてもカスがでるからとこだわってるみたい。

 

頭がとっても軽くなった。いやあ行ってよかった。髪質・髪型に悩んでる人はぜひ行ってみて。千住の自然派美容室、おすすめです。

それでいいっしょはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。