水曜日のカンパネラについて自分なりにまとめてみた

シェアお願いします♡

ちょっと水曜日のカンパネラについて検索で来られる方が多いので、自分なりに今までの流れをまとめてみました。上手くまとめられるか超心配。


水曜日のカンパネラとは

ボーカル担当のコムアイ、サウンド制作のKenmochi hidefumi、そして裏方のDir.Fの3人よる音楽ユニット。所属レコード会社はつばさレコード

Kenmochi hidefumi氏は故Nujabes率いるHYDEOUTプロダクションに所属していたという経歴を持ち、HYDEOUTからアルバムFallicciaを出すほか、Nujabesのアルバムでもリミックスを担当するという実力者。そんなKenmochi氏がDir.Fの提案によって結成したユニットが水曜日のカンパネラなのである。その辺の経緯はQeticのインタビューでも語られてるのでぜひ呼んでもらいたい。

どうでもいいけどDir.Fさん何回かライブで見かけたけどめっちゃタイプなんだよね。本当にどうでもいいけど。


discography

水曜日のカンパネラのリリースの特徴なんだけど、youtubeで先行的に曲の存在を知らせ、その後100円のdemoシリーズやototoyなどの配信で目玉曲を限定的に流通させ、そしてその前後に10曲前後のミニアルバムを発表するパターンが多い。 wikiの情報を発表日時、タイトル、収録曲、でまとめるとこんな感じ。

2013年5月15日  クロールと逆上がり

クロールと逆上がり

クロールと逆上がり

  • 水曜日のカンパネラ
  • J-Pop
  • ¥1800

 2013年10月9日  羅生門

羅生門

羅生門

  • 水曜日のカンパネラ
  • J-Pop
  • ¥1200

 2014年3月19日  シネマジャック

シネマジャック

シネマジャック

  • 水曜日のカンパネラ
  • J-Pop
  • ¥1200

 2014年11月5日  私を鬼ヶ島に連れてって

私を鬼ヶ島に連れてって

私を鬼ヶ島に連れてって

  • 水曜日のカンパネラ
  • J-Pop
  • ¥1500

 2015年4月15日  トライアスロン

トライアスロン - Single

トライアスロン - Single

  • 水曜日のカンパネラ
  • J-Pop
  • ¥600

 2015年11月11日   ジパング

ジパング

ジパング

  • 水曜日のカンパネラ
  • J-Pop
  • ¥1200

 ※ 2015年11月4日現在 ミニアルバム・アルバムのみ抜粋


 

デビュー

非常に洗練されたKenmochi氏のトラックにコムアイの高音で薄めの声が絡んで浮遊感のある美しい曲に仕上げるのがデビュー当初の特徴だった。まさに"空海"なんかはそう。Kenmochi氏のソロワークにコムアイというゲストボーカルを迎えた感じだった。

お七

しかし「クロールと逆上がり」に収録された"お七"でその評価は一変する。

お七

お七

  • 水曜日のカンパネラ
  • J-Pop
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 コムアイの緩いラップが大きなインパクトを残したのだ。決してスキルがあるとは評価できないコムアイのラップだが、繊細で美しいトラックと絶妙なバランスで絡み合い、中毒性を生み出す。ちなみにお七程のインパクトはないが、"ヒカシュー"でもラップを楽しむことができる。

モノポリー

そして時間を空けずに発表された"モノポリー”

モノポリー

モノポリー

  • 水曜日のカンパネラ
  • J-Pop
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

ピッチが速い鋭利なトラックに次々とコムアイが東京都内の駅名を混ぜ込んでくる。意味としてはまった通じない単なる駅名の羅列なのにある種の心地良さと中毒性を生み出してしまう。

マリー・アントワネット

そして続いて発表された"マリー・アントワネット"。

マリー・アントワネット

マリー・アントワネット

  • 水曜日のカンパネラ
  • J-Pop
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 この曲が大きな転機となった。ちょうどこの頃パルコが主催する「シブカル祭り」というフェスにおいて水曜日のカンパネラも大きく取り上げられた。Tokyo FMのSkyrocket Companyという番組とシブカル祭りがコラボしていたことで、Tokyo FM内で"マリー・アントワネット"が何度も流れ、その知名度がぐんっとアップした。エレクトロっぽいトラックに乗せられた意味の分からない少女の緩いラップ。挙句の果てには「お菓子を食べればいいじゃない」というセリフまで吐き捨てる。ラジオで放送されたそれはとんでもないインパクトを残していく。

これをきっかけに「羅生門」を手に入れたファンは多いだろう。

 ミツコ

シブカル祭り、そして林檎飴フェスなどで新規ファンの獲得へと繋げ、その後は一端落ち着いくも年が明けてから”ミツコ"をリリース。

ミツコ

ミツコ

  • 水曜日のカンパネラ
  • J-Pop
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

  東電OLをモチーフにするという大胆さながらも期待を裏切らない出来。ちなみにライブではソーセージを投げています。

 

そして満を持して「シネマジャック」のリリース。"ミツコ"の他に"二階堂マリ"や義経といった名曲を収録。そこで配信限定だった"モスラ"がようやく収録され、ファンが喜ぶこととなった。

二階堂マリ

二階堂マリ

  • 水曜日のカンパネラ
  • J-Pop
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes
モスラ

モスラ

  • 水曜日のカンパネラ
  • J-Pop
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 桃太郎

2014年の9月に"桃太郎"、続いて「11月に私を鬼ヶ島に連れて」ってをリリース。桃太郎の奇怪なPVが話題となり、200万回再生を超えたとも一部のメディア報じられる。

桃太郞

桃太郞

  • 水曜日のカンパネラ
  • J-Pop
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

  コミカルな印象を残した桃太郎だったけど、ワタオニは相変わらずおしゃれでかっこいい水カンワールドが楽しめる内容だった。個人的にはエンゲルとジャンヌダルクが良かったどす。 

 

エンゲル

エンゲル

  • 水曜日のカンパネラ
  • J-Pop
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes
ジャンヌダルク

ジャンヌダルク

  • 水曜日のカンパネラ
  • J-Pop
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 


 

2015年に入ると更に転機を迎える。

 ヤフオクのCM出演

コムアイちゃんがに出演して話題となる。かわいかったね。曲も面白かった。

ツイッギー

ツイッギー

  • 水曜日のカンパネラ
  • J-Pop
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

キー局のテレビ番組にも出演

トライアスロン

EPの「トライアスロンでは外部プロデューサーを迎え、水カンの新しい一面を見せた。それもNORKのOBKRオオルタイチという濃ゆい人選。でもこれが不思議とマッチしていた。

"ディアブロ"でいつもの剣持節をキープしつつ、"ナポレオン"ではディープハウスにチャレンジ。でも不思議と違和感がない。まあコムアイっぽさが少し薄れていたけど。
しかし"ユタ"はもっと凄かった。ユタというタイトルからしてスピリチュアル民謡が連想できるけど、その出来はまるでディープフォレストかのよう。水曜日のカンパネラっぽさはまったく無いが、でもこれはこれで良いじゃんすら思わせてくれる一曲だった。

ディアブロ

ディアブロ

  • 水曜日のカンパネラ
  • J-Pop
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

シャクシャイン

同時にDemoとして発表した"シャクシャイン"の完成度が高すぎた。 

シャクシャイン

シャクシャイン

  • 水曜日のカンパネラ
  • J-Pop
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

ディアブロでミッシーエリオットの転調を意識した、といったインタビューを読んだけど、こっちは例えるならDiploっぽさがある。トラックが淡泊だからこそコムアイの北海度地名ラップが映え、またいつもの中毒性を生み出していた。海外で「ディアブロ」「シャクシャイン」のPVが海外で話題になる。

ソース:海外「まさか日本から!?」日本で進化を遂げた西洋音楽のレベルの高さに海外が仰天海外「すごく日本的!」日本すぎるMVに海外の音楽ファンも釘付け

すごいよね。海外といっても一部の好事家に好かれているだけなんだろうけども。でもそろそろ変人好きのTimbalandあたりが接触を図ってくるんではなかろうか。なんて。

というわけで個人的には今後はitunesなどを通して海外進出していくのではないかと予想。と思ってたらちょうど海外進出へ触れてるインタビューも見つけました。

ラー 

そして次にでる「ジパング」に向けて新曲が続々と発表されてるけど先日はラーが発表された。EDMラップといい、PVの完成度の高さといい、確実に海外受けを狙ってるようにしか思えない。ワンマンライブは残念ながら行けないけど、「ジパング」も良かった。 

ラー

ラー

  • 水曜日のカンパネラ
  • J-Pop
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

 

小野妹子

小野妹子

  • 水曜日のカンパネラ
  • J-Pop
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

今後の活躍が実に楽しみでっす。

こんな長いまとめを見てくれてありがとう。

makisakouonuma.hatenablog.com

それでいいっしょはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。