スダンナユズユリーが語る、目指すユニット像「かわいさとヒップホップをブレンドしたい」

ちょっとリリースから時間が経っちゃったんだけれども、RealsoundにてE-GIRLSより派生したガールズHIPHOPユニット・スダンナユズユリーインタビュー記事を担当させて頂きました。ぜひ読んでみてください!

realsound.jp

もう三人ともかわいすぎて、キャー!あたしなんでこの中に入れなかったんだろー!生まれ変わったらスダンナユズユリーになりたい!って思っちゃうくらいでした。こんな貴重な機会を頂けて本当に幸せ。ありがとう、REALSOUND編集部。

CALL ME NOW / スダンナユズユリー

曲の方もかわいいのでぜひきいてみてね。 

CALL ME NOW

CALL ME NOW

  • スダンナユズユリー
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
Lover

Lover

  • スダンナユズユリー
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
#SYYB

#SYYB

  • スダンナユズユリー
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

OH BOY / スダンナユズユリー

前作も良かったです。特にこんにちWhat's UP!はイケイケチューン! 

OH BOY

OH BOY

  • スダンナユズユリー
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
First Time

First Time

  • スダンナユズユリー
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
こんにちWhat's Up!

こんにちWhat's Up!

  • スダンナユズユリー
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

ちょっと夏はプールのバイトが長時間拘束で体力の消耗が激しくて、相変わらずお金もなくて、気持ちが滅入ってしまっていたんだけれど、そろそろ、就職活動を含めて色々活動していきます!がんばるぞ!

今年はブルテンイヤー! VLUTENT ALSTONES「2017」リリース

f:id:makisakouonuma:20170903020914j:plain

http://volojzawillvolojza.blogspot.jp/2017/07/2017vlutentalstones.html?spref=tw

2017 / VLUTENT ALSTONES

ちょっと出遅れた感ありありなんだけど、千住を代表するHIPHOPレーベル、VLUTENT RECORDSより、VLUTENT ALSTONESの『2017』が発売された。VLUTENT ALSTONESは以前からこの名義でイベントに出演していたんだけれど、レーベルに所属しているラッパー総出演という力作だ。 

2017

2017

  • VLUTENT ALSTONES
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥1650

 

なんでこのタイミングでフルメンバーでのリリースなんだろうって思ったけど、今年はあべともなりの「大地讃頌」のリリースを以って、ブルテン所属の全てのラッパーが作品のリリースを果たしたからだってふと気づいた。Volo、Piz?、GAMEBOYS.、VANADIAN EFFECT、ABCにあべともなり。ようやく役者が揃い、ブルテンにとって今年2017年が節目になったのだ。

そんなわけで本アルバムのタイトルも「2017」。ブルテンの所属のラッパーはそれぞれのMCに個性があって、まあ濃いこと濃いこと。それが味わえるのが1曲目に収録のVLUTENT YEAR。Jazzyな冒頭からバウンシーな曲調に転じる面白い曲。

youtu.be

千住のヘッズにはお馴染みのHIPHOPハウスで撮られたこのビデオではとっても「らしい」マイクリレーが楽しめる。一人一人の声質、フロウの比較ができる。しかしあべともなりの存在感よ。また脱いでるし。

 

マァ、全員集合もいいんだけど、このアルバムの面白味ってのは、それぞれのMCのコラボなんだと思う。LOOKなんかはわりとイベントでも聴いてきたし、私はわりと近いところにいさせてもらったので特にそう思うんだけど、仲の良いブルテンメンバーの中でもそれぞれ相性とかカラーとかあって、その組み合わせによって生み出される空気の違いが面白い。

AMAZONMAN」なんかその極みだと思うよ。あべともなりとKAICHOO、ブルテンの色物部隊同士がぶつかったらこうなっちゃう。なんか暴れ馬2人が全開でやり切ってる感じがもう心地よい。これ大好き。 

AMAZON MAN feat.あべともなり KAICHOO

AMAZON MAN feat.あべともなり KAICHOO

  • VLUTENT ALSTONES
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

なのにそれがLOOKでVOLOJZA×KAICHOOって組み合わせになると、どっちかというとかっこいい路線になってしまう。KAICHOOを乗りこなすVOLOJZAの手腕といったところか。 

LOOK feat.VOLOJZA KAICHOO

LOOK feat.VOLOJZA KAICHOO

  • VLUTENT ALSTONES
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

逆にあべちゃんもKAICHOOも参加してないVIVIVIは、こういったら二人に失礼だけど、本当に正統派なかっこよさ。サンクラを除いて久々のリリースとなるPiz?がやっぱりかっこいい。 

VIVIVI feat.piz? doq WO2X7 ilo VOLOJZA

VIVIVI feat.piz? doq WO2X7 ilo VOLOJZA

  • VLUTENT ALSTONES
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

ビデオがリリースされたKITERUを歌ってるVOLOJZA×doq×CHAPAHの三人はよく酒場で見かけていたので、これも三人らしい空気だなって思っちゃった。 

KITERU feat.VOLOJZA doq CHAPAH

KITERU feat.VOLOJZA doq CHAPAH

  • VLUTENT ALSTONES
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

そんなブルテンのレーベルとしての魅力が詰まった『2017』なんだけれど、もちろん、配信でも気軽にダウンロードできる。

そう、ダウンロードできちゃうし、驚くことに今回はSpotifyでもストリーミングもできちゃう。できるんだけれども、CDの方だとボーナストラックがなんと4曲。それもMUTA君が参加したBACK TO THE FUTURE、KABEYAMが手掛けたAIR PORT、GAMEBOYSにフューチャーしたYUMEMURAなどが入ってるのでCDの方が更にブルテンの魅力が楽しめてしまう。

 

 

ブルテンイヤーとなった2017年。これまでの過去の作品にも触れながら現在進行形で躍進しつづけるブルテンの良さを味わってもらいたい。 

Don't Like Me

Don't Like Me

  • VOLO
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes
L8R

L8R

  • piz?
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes
ODEKAKE

ODEKAKE

  • GAMEBOYS
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes
N.E.X.T

N.E.X.T

  • VANADIAN EFFECT
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes
地下資源

地下資源

  • あべともなり
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
ABC

ABC

  • ABC (AIR BOURYOKU CLUB)
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

EVISBEATS、KMC、CHICO CARLITO……夏に聴きたい“和モノHIPHOP”は?

EVISBEATS、KMC、CHICO CARLITO……夏に聴きたい“和モノHIPHOP”は?

realsound.jp

一度やってみたかった日本語ラップ特集記事が出来上がりました。夏にちょうどいい、好きなHIPHOP10選

EVISBEATS、田我流、KMC、CHICO CARLITO、旅と音楽、狐火、田中光、輪入道、MC松島。唾奇、RITTOなどの、夏の寂し気な夕暮れにぴったりのジャジーHIPHOPをピックアップ。名曲ばかりだから読んでね!

 

本当はもんじゅ、フラッシュバックスも載せたかったけど10個には絞れなかった。あとMVがなくて載せたかったけど載せられなかったのも結構ある。でももう一回選んでも同じ選曲しそうだなあ。

下町HIPHOPのリーサルウェポン・Quronn-Lab.の1stアルバム「未完成交響楽」が遂に発売

f:id:makisakouonuma:20170730110946j:plain

下町HIPHOPと言えば我らがDJ MASに、新作の評判もなかなか良さそうなブルテンが思い浮かぶ。バトルでもお馴染みのはなびも浅草だし、戸建てを購入したことで話題になった十影も葛飾だったりする。そこに名前を並べるのがQuronn-Lab.だ。

Quronn-Lab.

クーロンラボ。wikiによると「グッチ、EL-Bonobo、N.M.P、FL CHEPACINO、Extra=Caffeineの5人」「足立区や荒川区南千住、浅草、上野、門前仲町で普通に見かけることが出来る。」とのことだが、本当に下町で見かける。と言っても全員ってわけではなくってEL-Bonoboさんだけなのだけど、まあそんな下町レペゼンなHIPHOPユニット・クーロンラボが満を持して1stアルバム「未完成交響楽」をタワレコ限定で発売した。

いや、長かった。アナログやシングルなどは小出しで発売していたけど、それだってもう5年前のこと。なんて書いちゃうとあたかも昔から知っていたような口ぶりだけど全然そんなことはなかったりする。まあ、それくらいの時間を要して念入りに作り込まれたということだ。

未完成交響楽

というわけでさっそく聴いているんだけれど、やっぱり良い。なんといっても12inchで販売されたこともあるTribe。あのミスチフの名曲、93 'Til Infinityを大胆にサンプリングしているんだけど、そのまま使ってるってわけじゃなくて、スタッカートっていうのかな、曲の冒頭で跳ねるようなアレンジを加えていてとっても今風。

youtu.be

他にも「罪と罰」や、「Voyager129」など過去に発売された曲や「Beautiful Life Remix」、「East Tokyo State of Mind Remix」などコンピに収録された曲もremixされて入っていてお得感満載なんだけど、新録の曲も中々の出来。下町ジャンベ集団勝気煙などのコラボ曲なんかインストにしとくのがもったいないと思うほど。
Opus One」や「Smoke In The Space Dub」もかっこいいんだけど、なんていうか全体的に古き良きHIPHOP感が漂っていて、Soul screamなどああいうのが好きな人は持っていて損はない一枚だと思う。あと「愛と友情と」っていうイメージにそぐわない(って失礼だな)タイトルのインストが入っていてびっくりしたんだけど、これも中々良かった。

でもやっぱりEast Tokyo State of Mind Remixはいいね。下町のHIPHOPカルチャーをレペゼンしてて知ってる名前がたくさん出てくるの。ニヤニヤしちゃう。


これだけ配信が主流になっているにも関わらず、タワレコ限定発売っていうのもこだわりを感じられる。しかも17曲も入っているのに手頃な1800円。そしてアートワークも下町でお馴染みのKaT〇Pe氏。ブルテンのあべともなりのEPもKaT〇P氏が手掛けているんだけど、タッチが違うので対比するのも面白い。土佐犬すっごい似てる。


5年以上の時間をかけてじっくりと作られたQuronn-Lab.の未完成交響楽、ぜひ聴いてもらいたい。

 

tower.jp

それでいいっしょはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。