それでいいっしょ

ゲイHIPHOPライター鼎のブログ

続・足立区避難体験記

www.kanaehiphop.tokyo

 

その後無事に自宅に帰ってこれました。
それどころか、京成線など動いてる電車を乗り継いで都心へと向かい、車で出張にも行けちゃった。サラリーマン魂に火をつけろ。ようやく出張から戻ってきたので避難記録の続きを。


-----

f:id:makisakouonuma:20191015171954j:plain

21時、避難所は消灯となった。少し早い気もするが、運営の負担を考えると寝てくれた方が助かるわなという感じ。子どもたちや老人、また、慣れない避難に疲れた方々は次々と毛布に身をくるみ、それぞれ寝始めた。それでも容赦なく雨は降り、風は吹き付ける。若い人たちは眠れず、仕方がないから布団に入りながらスマホをいじっているという感じ。

まだ暴風域に入っている状況の中、私も眠れるわけもなく、荒川の水位をライブカメラでひっきりなしに確認していた。見たこともないくらいの増水。越えそうで越えないラインをギリギリに保つ。これが氾濫したら、そして決壊したらどうなるんだろう。言いしれぬ不安が募る。

他の記事にも書いたが、私の地元の隣の市は利根川決壊の被害にあったエリアだった。土砂かきだしのボランティアに行ったが、辺りは様々なものが流され、ドロドロの土砂に埋め尽くされていた。またこんなことが起きたらどうしよう。ましてや海抜ゼロエリアなら更に沈んでしまうのではないかと不安で不安でしょうがなかった。


しかもどんどんと状況は悪くなる。
荒川から隅田川へと水を流す分岐点となっていた岩淵水門が閉鎖された。これまで隅田川へと流れていた分の水がそのまま荒川に流れるので水位は上がってしまう。より都心部を流れる墨田川を増水から守るための都の下した判断である。残念ながら仕方ない。


更に荒川系である二瀬ダムの緊急放流が発表された。緊急放流されれば荒川の水位は更に上がる(後に放流はなかったとの報道)。

そして綾瀬川の氾濫警戒レベルが5になったとアラートが鳴り響いて私達に知らせた。
足立区にも花畑辺りを綾瀬川が通っている。
おまけにSNSでは荒川の水位のピークは午前4時なんて情報も出回っていた。確かに川が増水するのは台風が北上してからだ。


この頃には居ても立ってもいられなくなり、何か新しい情報はないかと運営本部に顔を出していた。消防署員なのか区の職員なのか、消防団員なのかは不明だが、彼らのトランシーバーからは綾瀬川の氾濫についての情報が流れていた。

「一階にいる人たちを全員二階に上げて」という指示が出て、緊迫感が一瞬押し寄せる。ついに来たかという感じ。これもこの時初めてわかったが、昇降口にマットを敷いていた方々は冷遇されていたわけではなく、糞尿の世話ができるようにとペットを連れて避難した人たちだった。そんな彼らにも三階にあがってと指示が出た。ペット用のキャリーバッグを大切そうに抱えながら彼らは移動し始めた。


ようやく暴風域を抜けたのかパラパラとした小雨になり、あれだけ激しく吹いていた風も弱くなった。避難所を抜け出して大きな通りに出てみたが、人っ子一人いない。まるで世界の終わりみたいだった。


夜も更け、二時を回ると安心して帰り始める避難者が出始めた。内心「まだ増水のピークは去ってないよ」と思うが、声をかけるわけにはいかない。一人、また一人と去っていく。電源が空いたのでスマホの充電をさせてもらった。ありがたい。


緊張の糸が切れたのか、眠気がやってきた。まあ、氾濫してもここにいれば大丈夫だろう。そう思いながら目を閉じた。でもやはり心配で起きてしまう。アラートだって鳴る。その都度ライブカメラやニュースを見て「大丈夫」と安心してまた眠る。そんな時間が朝まで続いた。
一度目が覚めた際に外に飲み物を買いに行こうとしなら運営本部の方たちも机に突っ伏して寝ていた。お疲れだよなぁ。市民のために少ない人数でこんなに働いてくれたんだもの。


朝七時に起こされる。あまり眠った感じはしないが、もう避難所は閉鎖になるらしい。峠を越えたということか。ホッとした。なんとか氾濫は免れた。

f:id:makisakouonuma:20191015173836j:plain


帰宅をして仕事に向かおうと準備をしながらスマホでニュースを見ると各地で氾濫が起きていてゾっとした。私達が無事だったのは本当に運が良かっただけだった。
私達に毛布や食料を用意してくれた足立区には感謝が止まらない。また、SNSで状況を見て避難先にと呼んでくれた友人もいた。ありがたかった。

今回は急いでケータイ周りと服だけカバンに詰め込んでいっただけだが、もし停電になっていたら、断水していたらと考えたらゾッとする。普段からの準備が大切なんだと反省した。

引越しも視野に入れながら、今回の経験を次に活かそうと強く感じた。

 


 

足立区避難体験記

f:id:makisakouonuma:20191012203318j:plain

荒川の氾濫が警戒されており、現在足立区の小学校に避難している。自分はアパートの二階に住んではいるが、海抜ゼロエリアなので二階でも微妙。スマホの警報が鳴り響いたので荷物をまとめて近所の小学校に移動した。

昇降口で受付。住所や名前を書いて待つと、メインの建物はすでに一杯なのか、別館の建物に案内された。足立区からマットと毛布の貸与があり、児童会議室という二階の教室に22人でマットを敷き詰めて雑魚寝をする。入り口の付近を割り当てられたので人の出入りが多く、あまり居心地は良くない。電源はあるが、使えなさそうな雰囲気。

水道が生きているので水の配給は基本的には無しだが、インスタントのアルファ米とクラッカーの配給があった。冷水しかないのでアルファ米は戻すのに1時間かかるとのこと。クラッカーを食べたら思いの外美味しかったのと量があってお腹がいっぱいになってしまい、結局アルファ米には手を付けず。

教室内の人々はわりとそれぞれ自由に過ごしている。親子連れ、カップル、老人、白人の女性もいて様々。トイレも綺麗で快適。別棟に行ったらテレビのニュースを放映している部屋があり、多くの人が不安そうにテレビを見つめていた。
外に出てみると小学校の前には団地があり、その管理事務局の前に飲み物の自販機もあった。
ただ、他に空き教室があるのに昇降口にマットを敷いて寝ている人もいて不憫ではあった。
その点を除けば基本的には快適だけど、明日になれば台風は去り、またいつもの日常、そんな風に楽観しているからかもしれない。これが何日も続いたら果たして耐えられるだろうか。

現在荒川の警戒レベルは4。いつ氾濫してもおかしくはないということでニュースから目が離せないが、3階建の建物なので決壊しても逃げ場があるのは安心できる。21時消灯らしいので折を見て深夜に帰宅しようかとも思っているが、もう少し様子見。

荒川が決壊することがないように心から祈っている。

ノンケ10人と集団生活をしているんだけど、ストレスが凄いっす。

Rainbow

 

8月の終わりから新たな現場に移って、ヘテロセクシャルの男性約10人と全国を回ってる。共同生活に近いけれど、皆ホテルの部屋は別だし、日中はチーム別に分かれて行動をしているから半共同生活。一緒にご飯に行ったり、ミーティングもしたり。一週間の現場を終えて、二日休んで、また同じ顔触れで一週間。そんな生活を一か月ほど送っている。

とは言いましても皆さんいい歳だからとっても紳士的。社交的だし、気も利く。あたしなんかよりよっぽど仕事ができる。その分、同調圧力もあったりするけど、まあまあ楽しくやってます。

 

そんな中にもぐりこんでいる男性同性愛者が若干一名。まあ、僕なんだけども。
最初の飲みの席で早々に「ゲイっぽいよね」って言われて、肯定しといたら「え、そうなの?」と面白がってくれて。さすが、皆さん社交的でいらっしゃる。


でもだめ。ずっと一緒にいると歪みがね、生じちゃう。仕事は仕事できちんとしているんだけど、プライベートでは珍獣扱いになっちゃう。アルファベットで始まる性病のことを聞かれたり、性的ないじりもあったり。私も馬鹿だからウケを狙って茶化すような返答をしてしまう。

まあ、そりゃそうだ。世間には男と女しかいないと思い込んで生きてきた四十半ばの男たちに「オカマなんです」って言ったところで、「そうなんだ」なんて呑み込んでもらえない。

 

「鼎ちゃんは心は女なの?男なの?」と聞かれた時があった。

「男でも女でもないよ。男だ女だって括りにジェンダーをとらわれて生きたくない。あたしはあたしだよ」「だから『男らしくしろ』とか『女々しい』とか言われるのが子供のころからずっと苦痛だった。」「別に性転換するつもりもないけど、これからもあたしは自分らしく生きていくよ」

正直に言ったよ。だって恥ずかしいことしてるつもりないもの。


「理解できない」

この反応が返ってくることは容易に想像できた。
でもどちらかというと理解できないのはなく、「理解することを拒絶している」ようなニュアンスがあった。「理解はできるけど、同調はできない」そう言ってくれた方が、まだ救いがあった。だって皆違って当たり前だもの。それくらい俺にだってわかるよ。

 

「九州にはゲイはいないから。理解できないなあ」と九州出身の子が茶化した。「え、ごめんだけど、二丁目にキュウシュウオトコと書いてクスオって読む老舗ゲイバーあるよ」って言うとみんなが笑って話の論点がずれていった。正直ほっとした。

 

ダイバーシティ!令和のジェンダー論はどこだ!! 

みんなあっこゴリラのウルトラジェンダーを1000回くらい聴いた方が良い。


あっこゴリラ「ウルトラジェンダー × 永原真夏」

 

『おいおい、しょぼい物差しで見んな!』


俺がさ、普段遊んでる北千住の男の子達。と言っても皆いい歳なんだけども、なんと彼らのスマートなことよ。鼎ちゃんは鼎ちゃんだっていうスタンスで彼らは付き合ってくれる。普段、ああいう子たちとばかり遊んでるから、その差にびっくりさせられる。

 

僕の大好きなMARIAのメッセージ。

そうなの。日本は島国で狭いから。皆、自分が見てきたものしか受け入れられないの。テレビとか映画の話、で終わっちゃう。
でもあたしがこういう風に書いたり、色んな所で話をすれば、色んな人がいるって当たり前のことを皆わかってくれるんだ。少しずつね。少しずつ。だから今回も修行だと思って、鼎ジェンダー真理教をミソジニーの片鱗が少し見え隠れしたりする男性たちに布教していきましょう。私は私が好き。と自分に言い聞かせながらね。

 

このドサ回りも残り僅か。
体力も奪われる。先日も熱を出したし、今だって細菌性の結膜炎が治らなくて困ってる。でも大変だけど、得られるものもある。がんばりましょうかね。

 

さて、今回の記事、俺は三種類の一人称を使いました。皆さん、どう思いましたか?これもまたウルトラジェンダーなのです。

日本人トロピカルハウスのSpotifyプレイリスト作りました!

和製トロピカルハウスのリスト作ってみました。

メジャー処もてんこ盛り。

夏の終わりにぴったり♬

聴いてみてね。

 

 

#perfume #Generations  #水曜日のカンパネラ  #清水翔太  #ちゃんみな  #RIRI #winds  #橘慶太  #三浦大知  #赤西仁  #Awich  #東京女子流  #ピッケブランカ #傳田真央

それでいいっしょはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。