それでいいっしょ

ゲイHIPHOPライター鼎のブログ

【A deeper love】あたしのアレサフランクリンの思い出【A Rose Is Still a Rose】

アレサフランクリンが死んだ。
若い人たちからしたら「誰?」とか「昔のソウルの人」って認識なんだろうなって思う。まあ、わからなくはない。だってアレサのキャリアを振り返ると68年リリースとかなんだもの。あたしだって産まれちゃいない。
でもあたしが若いころまでアレサは現役だった、って言うと最近までリリースは続けていたから語弊があるけど、90年代の末くらいまではシーンの最前線にいた。

A deeper love

あたしがちょうど洋楽を聴き始めたのは中1とかだったんだけど、そのきっかけっていうのが映画『天使にラブソングを』シリーズを見たことだった。特にローリンヒルが出演していた『天使にラブソングを2』が大好きだった。そのサントラにアレサの「A deeper love」が収録されていたんだ。 

A Deeper Love

A Deeper Love

  • アレサ・フランクリン
  • ポップ
  • provided courtesy of iTunes

 

「A deeper love」を歌ってるのはアレサなんだけど、曲を作ったのは当時「エビバディダンスナウ!」という歌い出しで有名な「Gonna Make You Sweat (Everybody Dance Now)」を大ヒットささせたC+C Music FactoryのClivillés & Coleだった。このClivillés & Coleは91年くらいから活動していてマライアの「Emotions」だとか「Make It Happen」も作っていたヒットメーカーだった。実は『天使にラブソングを』の方にもC+C Music Factory名義で「Just a Touch of Love」を提供してて、「A deeper love」はまさにその続きだった。というか、「A deeper love」も最初はClivillés & Cole名義でリリースされていて、厳密にいうとアレサがリバイバルしてヒットさせた。R&Bというよりもハウス色が強いけど、あたしみたいなアラサー~アラフォー世代のR&Bファンにはわりとなじみが深い。

ため息つかせて

それから映画「ため息つかせて」の存在も大きい。ホイットニー・ヒューストンが出てた95年のブラックムービーなんだけど、サントラは当時は飛ぶ鳥を落とす勢いだったbabyfaceがプロデュース。しかも参加シンガーもホイットニーにトニブラにブランディ、TLC、MJB、フェイスエバンスにチャカカーンという豪華な面々。アレサも「It Hurts Like Hell」というbabyface色の強い曲で参加してたもんだからあたしにとってアレサは昔のソウルシンガーっていうよりも声量のすごい(現役の)中年シンガーってイメージが強かった。 

It Hurts Like Hell

It Hurts Like Hell

  • アレサ・フランクリン
  • サウンドトラック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

A Rose Is Still a Rose

そして98年にアレサは名盤「A Rose Is Still a Rose」をリリース。このアルバムが本当に良かった。
なんてったって「A Rose Is Still a Rose」はローリンヒルのプロデュース。土臭くてバウンシーなネオソウル。しかも「What I Am」をローリンが引用しててそれもまたかっこいい。当時は気にしてなかったけど、確認してみたらビルボードのR&Bチャートでも5位を記録だしたらしい。 

A Rose Is Still a Rose

A Rose Is Still a Rose

  • アレサ・フランクリン
  • R&B/ソウル
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

あと当時はビギーやMJBのヒットで頭角を現してきたPUFF DADDY(現DIDDY)がアルバムの2曲目「Never Leave You Again」を同じヒットメーカーのコリールーニーと共同プロデュースしてて良かった。ケリープライスもコーラスと作詞で参加。地味なんだけど、当時PUFFYの右腕だったスティービーJの作風が色濃く出た名曲だと思う。 

Never Leave You Again

Never Leave You Again

  • アレサ・フランクリン
  • R&B/ソウル
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 そして4曲目「Here We Go Again」も当時から人気のあったジャーメインデュプリが制作。マライアのHONEYと同じネタ使いなんだけど、でも品のある曲に仕上がっていてとても好きだった。 

Here We Go Again

Here We Go Again

  • アレサ・フランクリン
  • R&B/ソウル
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

他にもTLCをヒットに導いたダラスオースティン、ミディアムスローの鬼・ダリルシモンズ、ニッキーモンローでお馴染みのナラダマイケルウォルデンを制作陣に迎えた名盤だった。あたしは今でも一番好きなアレサの曲は「A Rose Is Still a Rose」だと思ってる。

VH1 Divas

あとあたしにとって大きかったのはなんといってもVH1 Divasというライブだ。VH1っていうのはアメリカの音楽チャンネルなんだけど、チャリティー企画でdivasというライブをやっていて、出演陣がマライア、セリーヌ・ディオン、シャナイア・トゥエイン、 グロリア・エステファン、キャロル・キング、そしてアレサだった。

当時BSでも放送していたのでマライア目的で録画して観たんだけど、すごかった。マライアがアレサと一緒に「Chain Of Fools」を歌っていたり、全員で「(You Make Me Feel Like) A Natural Woman」を歌っていたり。どのシンガーもアレサに負けないくらい声量があってすばらしかった。CDとしてもリリースされているし、ソフト化もされているのでぜひ見てもらいたい。 

Vh1 Divas Live

Vh1 Divas Live

 
世紀のライヴ、女神たちの競演~ディーヴァズ・ライヴ [DVD]

世紀のライヴ、女神たちの競演~ディーヴァズ・ライヴ [DVD]

  • アーティスト: セリーヌ・ディオン,グロリア・エステファン,アレサ・フランクリン,シャナイア・トゥエイン,マライア・キャリー,キャロル・キング
  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct
  • 発売日: 2005/07/20
  • メディア: DVD
  • 購入: 1人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

アレサは2000年代に入っても良い曲をリリースしていた。

 

美メロメーカー:ゴードンチェンバースとキャラクターズのトロイテイラーが制作した「The Only Thing Missin」 

The Only Thing Missin'

The Only Thing Missin'

  • アレサ・フランクリン
  • R&B/ソウル
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

 MJBとのデュエット「Holdin' On」 

Holdin' On

Holdin' On

  • アレサ・フランクリン
  • R&B/ソウル
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

ジャム&ルイスが制作した「Everybody's Somebody's Fool」 

Everybody's Somebody's Fool

Everybody's Somebody's Fool

  • アレサ・フランクリン
  • R&B/ソウル
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

アデルのカバーなんだけど、プロデュースがbabyfaceで、曲中に「Ain't no mountain high enough」を挟んだ「Rolling in the Deep」 

Rolling In the Deep (The Aretha Version)

Rolling In the Deep (The Aretha Version)

  • アレサ・フランクリン
  • R&B/ソウル
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

アリシアの「No One」もカバー。しかもThe Underdogsがプロデュース。 

No One

No One

  • アレサ・フランクリン
  • R&B/ソウル
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

シネイドオコナーの名曲をアウトキャストのAndré 3000プロデュースでカバー。 

Nothing Compares 2 U

Nothing Compares 2 U

  • アレサ・フランクリン
  • R&B/ソウル
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

キリがないのでザザっと書いてしまった。


「Day Dreaming」「Respect」「Get It Right」とか昔の曲だってそりゃ好きだよ。でもあたしにとってはアレサは「60年代のソウルシンガー」じゃなくて、青春時代にリアルタイムできいていたR&Bシンガーだし、つい最近までリリースもしていた生涯現役の偉大なシンガーだ。

 

昨日は出張先から帰ってきたので久しぶりに下町で飲んでたんだけど、ちかげちゃんと一緒に「A deeper love」を歌った。あたしたちなりのお弔い合戦だ。大好きだったよ、アレサ。きっとこれからも大好きだよ。 

 

The Very Best of Aretha Franklin (Remastered)

The Very Best of Aretha Franklin (Remastered)

  • アレサ・フランクリン
  • ソウル
  • ¥1350
The Best of Aretha Franklin

The Best of Aretha Franklin

  • アレサ・フランクリン
  • R&B/ソウル
  • ¥1600
Aretha Franklin: Best Of

Aretha Franklin: Best Of

  • アレサ・フランクリン
  • ファンク
  • ¥1050

 

【寄稿】D.A.N、あいみょん、RIRI……BMXとのコラボが急増中 音楽との親和性を探る

D.A.N、あいみょん、RIRI……BMXとのコラボが急増中 音楽との親和性を探る  

realsound.jp

久々にリアルサウンドで記事のリリースとなりました。BMXと音楽のコラボ記事です。表面的なことがらだけでなく、きちんと選手の紹介やペルージャカップというBMXの大会のことにも触れてます。

 

今の務め先がライター事業に理解があって、今回は今の勤め先として受注をして納品をさせて頂きました。会社のプロフィールも載ってるから良かったら読んでね。

R-lounge『#バリカタ』に遊びに行ってきた

世間はGWだと浮かれているのに、あたしは通常営業。土日も祝日も関係なくがっつり仕事だよ。唯一の休みは30日のみ、ああ、こんな社畜なあたしに誰がした!

 

ってわけで久しぶりに実家に帰ろうと思ったら親は親で旅行中。なんなの、もう。どいつもこいつも。そんなわけでたまりにたまった洗濯をしながら荒れ果てた部屋の掃除をしていました。

 

そしてやっと手が空いたので渋谷R-Loungeに。
R-Loungeはねびいるなどでも頭のおかしさを振りまいているmilktea2ndさんが働いているクラブ。

 

前に遊びにいった狐火VSマサキオンザマイクの2マンライブでもおしゃべりしてきたM1NAZUK1ちゃんがオーガナイズしたバリカタというイベントが開催されていたのだ。出演陣もZ.I.O-RAMA、磯友など知った顔ばかり。ちなみにZ.I.O-RAMA、milktea2nd、鼎の三人は魔の昭和58年トリオ。自分で言うのもなんだけど全員酒癖が悪い

 

なんて言っても東京は東の人間ですから、渋谷のような西に行くのも一苦労。着いたら7時過ぎていて皆のライブも終わっていて、まあみんな、それはそれは適当にグダグダと飲んでた。もっと早くくればよかった。でもみんなに会えてうれしかったのです。

 

f:id:makisakouonuma:20180502230150j:plain

酒癖が悪くてアイフォンをバリバリに割ったりしてるけど、実はPENAの作る音源がめちゃくちゃかっこいいZ.I.O-RAMA。 

NIHILISM feat. 不可思議/wonderboy

NIHILISM feat. 不可思議/wonderboy

  • Z.I.O-RAMA
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes
DRY ICE

DRY ICE

  • Z.I.O-RAMA
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 EP「月詠」はフリーダウンロードなのでぜひ。

 

f:id:makisakouonuma:20180502230559j:plain

最近はりらんちゃんとの活動もイケイケな磯友。肥えてた。 

数% (feat. たまちゃん)

数% (feat. たまちゃん)

  • RIN a.k.a 貫井りらん & 磯友
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
踊 (feat. 黄猿 & 磯友)

踊 (feat. 黄猿 & 磯友)

  • RIN a.k.a 貫井りらん
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

 

f:id:makisakouonuma:20180502231028j:plain

ねびいるの年末スペシャルで共演するはずだった黄猿&AYAKERU夫妻ともやっとご挨拶できた~。「インフルエンザでねびいる休んだ人!」って一致したのがおもしろかった。テキーラ頂いてしまった。

 

実は黄猿さんの音源はOMSB制作トラックが多くてmy paceとか好き。

 

アルバムJack in the boxはフリーダウンロードなのにYuto.com制作曲とかも入っていてお得なのでぜひきいてもらいたい。

 

AYAKERU狐火さんと共演したストロベリームーンで知名度急上昇。


顔は(たぶん)ラッパーの中で一番好きなRHYME手裏剣

f:id:makisakouonuma:20180502231518j:plain

バトル出身だと思ってたら何気にフロアでの感度が一番良くて踊りまくってて「ああこの人ほんとにHIPHOPが好きなんだな」って見ててわかった。今後音源が楽しみ。

 

 

f:id:makisakouonuma:20180502231809j:plain

そしてなんとずっとお会いしたかったDJ sion君にもあえてしまった。
sion君はサイファー周りで活躍してるDJで、ACEの看板番組「Aちゃんと一緒」などにも出ているんだけど、実はスキルもめちゃくちゃある。

 

つい最近も輪入道のmixcdでもDJとして起用されてた。なにより顔がかわいい。


ルイスも高校生ラッパー選手権のイメージだったんだけど、以前サンクラに挙げてた楽曲はジャジーで結構好きだった。最近もちょくちょく活動しているとのことで期待したい。


そしてKANARIAのライブを見ることができました。かっこよかった。最近は正宗君のソロが多いのかな。音源もっときいてみたい。

 

f:id:makisakouonuma:20180502232619j:plain

そしてオーガナイザーのM1NAZUK1嬢、と狩谷氏。「あなた元気してた?」って話しかけてくれた。

 

DJもすっごくよくて、ウェッサイ寄りだったんだけど、HI-CのGOT IT LIKE THATとか流れてた。ウェッサイはそんなに詳しくないから他の曲全然わかんなかったけど。

 

f:id:makisakouonuma:20180502234319j:plain

いやー。本当に久々のクラブだったので色々楽しかった。sionともっと音楽の話したかったんだけど、酔っぱらっててアーティストの名前全然言えないのね。本当は好きな音楽きかれたときに、 Asheru&Blue Blackとかmissionとかちゃんと言いたかった。

 

最後はぐでんぐでんに酔っぱらって訳わかんなくなってた。写真撮るの忘れてたけど、梅酢くんもいて、二人で狐火さんの悪口いってニヤニヤしてた。あのひと悪意凄いよねって。そしてロッキーさんとお話しながら渋谷駅に。しかしよく家帰れたよ。渋谷いいね!もっと土日休みが増えてR-lounge行けますように。

仕事が本当にできないって悩んでたら実はADHDでした。

ADHD

仕事ができない

久しぶりの更新。いやあ、仕事が本当に本当に忙しくて。10月に入社してからあっという間に5か月目突入です。
仕事もようやく慣れてきた、と思うでしょう?

 

それが全然できないの!!!
びっくりするくらい無能!!!


請求書は作り方忘れるし、経費報告書は金額間違えるし、会社のケータイは水没させるし、家出ようとしたら鍵が見つからないし、営業なのに名刺入れも忘れるし、現場も遅刻ギリギリでいつもタクシー使うし、苗場の現場には吹雪なのにチノパンで行くし、たまに電車で降りる駅間違えるし、

 

もう全然だめ。本当にだめ。気が付いたら会社きっての問題児


えーこんなに仕事できないっけって自分でびっくりした。ほら、自分の唯一の得意な事ってライティングなんだけど、前の会社はライター職だったからその他の事務作業とか少なかったし、ライティングだけこないしてればなんとでもなってたけど、今や他業種。

もう上司から日に何度も注意されるんだけど、それが本当に正論で。当たり前のことがなんでできないのって。そのうち、上司のメールも読むだけでつらくて無視するようになってたの。なんでこんなこともできないんだろうって自分に嫌気がさしてて。

これってADHD?

でもふとね、これってADHDじゃないのかなって思ってしまったの。
なんでだかはわかんないけど、部屋も汚いし、車の運転も下手だし、グーグルマップないとどこへもいけないし、時々グーグルマップ見てても迷うし、何でも失くすし、なんでも忘れるし。家出ようとしたらいつも鍵が見つからないし。

 

それでADHDの友人に上記のことを相談したのね。
幾つか質問をされて答えたらビンゴって。やっぱりそうかって感じだった。


ADHDとは

脳機能のアンバランスさがもたらす発達障害
その中でも行動を司る前頭葉の機能不全が原因と言われているのがADHD。
注意欠陥(AD)・多動性(HD)障害という名の通り、注意力が散漫で落ち着きがないなどの特徴がある。
病気ではなくて障害なので治ることはない

・ものを失くす 
・ものを忘れる 
・整理整頓ができない 
・体をよくどこかにぶつける 
・遅刻する
・集中力がない
・昼間強い眠気に襲われる

できて当たり前のことができないのがADHD。
自分もよく体をぶつけていた気がする。机の下に鞄を置いてて、物を取り出そうと屈むと机の存在を忘れて頭をあげてぶつけたり。足元も見てないからよく転んだり足首をひねったりする。大抵はドジだなあって思うだけなんだけど、家の鍵が見つからないときは本当になんで自分だけダメ人間なんだろうって思ってた。
ある程度トレーニングで改善するとは言われてるけど、個人的な見解では改善はちょっと無理そうだなって実感してるところです。

とりあえず受診

というわけで動ける日に診察に行ってきました。友達が教えてくれた上野のクリニック。
とはいっても前頭葉の機能不全なのできちんと脳波の値を調べると正式な診断ができるけど、そんな機器が全ての医療機関にあるわけもないので、チェックシートを答えてその結果によって「ADHDの傾向が強い」かどうかを調べてくれる。

そして2団体のテストを経て出た答えは「ADHDの傾向が強い」でした。ADもHDもあるって。
なぜか心理テストも受けたし、採血もあったんだけど、これは関係あるのかな。次に病院行った時に結果でるから見てみよ。

あたしがADHD!?

正直さ、「だらしない」って性格の問題だと思ってたのね。昔からこんな感じだったし、親がいつも文句言ってた。
本当に自分のダメさに嫌気がさして「なんで自分はこんなにダメなんだろう」って思ってて、ここ最近は仕事で特に滅入ってたので「障害なんだ」ってわかった時はちょっと安堵した。
高校の頃も進学校行った途端に授業で何の話してるのかわかんなくってダメって烙印押されたし、子供の頃も落ち着きがないって通信簿に書かれたし。
でも自分がダメなわけじゃなかったんだ。障害だったんだ。ダメで当たり前だったんだ。ってなんか安心しちゃった。

でもその反面、ショックでもあった。「自分だけ脳みそ動いてないんだ」ってびっくりした。だって先日まで他人事のように思ってたし、実際に「ADHDにおすすめのサプリ」みたいな記事も作ったこともあるくらい。


思春期の頃に自分が同性愛者だってことを受け入れるのに時間がかかった。「なんで自分だけ」って思いながら、漠然とした不安を抱えて押しつぶされそうになった。
その感覚が蘇った。仕事は続けられるのか、転職するにしてもまた同じ状態に陥らないか。なんで自分だけ人と違うんだろう。って。
そして「障害」という言葉の重み。


でもそれもすぐに収まりました。
色々調べているうちにADHDの著名人だとか「適職に出会えば能力を発揮できる」という事例を見つけたりして勇気をもらった。

特にこの記事は希望をくれた。

susumu-akashi.com

投薬も始めた。治るものではないけど、脳機能を改善してくれる薬。
IQテストも受けたんだけど、IQは120代と決して低くはなかった。
それだけが唯一の救いなんだけど、まあ、ADHDだからプラスマイナスゼロってところなんだろうな。
バランス悪いなあ。
当分は様子をみながらADHDというものがどんなものか学んで今後のことを考えたい。

ADHDとして生きる

35歳を目の前にして判明したADHD。
親や上司にはカミングアウトした。
報告を受けた上司は笑ってて「何なのこの人!」って思ったけど、ちょっと救われた。扱い方を考えながら働かせてくれるという。
親はいざとなったら実家に帰って来ればいいといった。ありがたいなあ。

友達にも色々教えてもらって助かった。ADHD連合作りたい。

 

でもまだ自分にはやりたいことが沢山ある。
こんなところでつまずいてる暇はない。


小林勝行という歌手がいる。
酷い躁うつ病と戦いながらも自らの経験を元にした作品をリリースしている。
その中の「from隔離室」って曲がADHDを自覚してから聴くとやたら沁みるんだ。

 

なあ かっつん
今は平気やろ?
未来の俺どないなっとる?
何笑ってん?

これからやろ?
これからやろ?
俺からしたらお前はまとも
自由になっていっぱい遊ぼう

「from隔離室」より 

 

不安を抱えながらも「明るい未来はあるか」と己に問う小林勝行。でも明るい未来を信じてこの曲を歌っている。

 

ADHDというものをこの歳で背負うことになってしまったけど、自分にも明るい未来があることを信じて精一杯生きていきたいと思う。

 

 
それでいいっしょはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。