マイハツルア制作の百牙がHIPHOPシーンにカムバック!Jinmenusagiらとネットラップ祭典に出演!

f:id:makisakouonuma:20170713130925j:plain

http://www.womb.co.jp/admin-event/wp-content/uploads/2017/05/Ro7ZHe98.jpg

 

ネットラップの祭典「World Wide Words 2017」が7月29日に渋谷WWWで開催される。

ネットラップとはその名の通り、インターネット上でラップを披露することを指す。ニコニコ動画(ニコラップ)などが主な活動の場になっている。「ネットに投稿しているなんてなんかナード」と思うかもしれないが、時代の流れと共に普及しており、古くはあの清水翔太もyahoo!チャットのカラオケ部屋の住人だったなんて話も耳によく挟む。ニコラップ出身のMCとしては「Jinmenusagi」「ぼくのりりっくぼうよみ」「DAOKO」など、シーンの最前線で現在活躍しているアーティストも多い。

 

その中でも出世頭のJinmenusagiが今回World Wide Words 2017に出演する。
Jinmenusagiはニコラップで注目を集めるとLow high who?に才能を見出されて所属。音源をリリースしてめきめきと頭角を現した。そして現在はフリーランスとして活動するという特異な経歴を持つ。

このままで feat. サトウユウヤ

このままで feat. サトウユウヤ

  • Jinmenusagi
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes
G.I.R.L. feat. Jinmenusagi

G.I.R.L. feat. Jinmenusagi

  • HyperJuice
  • ダンス
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

最近ではメジャーシーンで活躍するAIの新作でも客演として2曲に参加して話題にもなった。

WHAT I WANT feat. Jinmenusagi

WHAT I WANT feat. Jinmenusagi

  • AI
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

そんなシーンの最前線で活躍するJinmenusagiだが、ネットラップという己のルーツを決して無下にすることなく、今回もWorld Wide Words 2017に出演をする。

 

そして今回の特筆すべき点はぎぎぎのでにろう率いるStudioLamaが参加するということだ。StudioLamaはにこらっぷなどを主体に活動しているMCを集めたレーベルとして機能しており、今年は遂にStudioLamaとして1stアルバム「LamaOS」をリリースした。ぎぎぎのでにろうを始めとして、Vacon、もしゃすけ、ラップするマンなどの所属MCが参加した「LamaOS」は適度なポップさとそれぞれのMCの個性が絶妙にブレンドされた名盤だ。

youtu.be

そのメンバーの中でもひと際輝いているのが百牙だ。狐火のファンならその名前にピンとくる人もいるかもしれない。狐火の出世作となったマイハツルアのトラックを制作したのがSOこと、百牙であった。

youtu.be

アルツハイマーの祖母を気遣う青年の気持ちが込められた「マイハツルア」は浮遊感のあるトラックがもたらす切なさと相まってシーンで話題となった。言うなればこの名曲は百牙の存在なしには誕生しなかったのである。また他にも狐火の曲に参加しており、狐火の作品でも彼のMCネームである百牙という名前がクレジットでも確認できる。

マイハツルア

マイハツルア

  • 狐火
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes
大輪の花 (2010) [feat. 百牙]

大輪の花 (2010) [feat. 百牙]

  • 狐火
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

しかしその後、百牙は現場を離れてしまう。仕事など色々理由はあったらしいが、あっという間に時は経ち、なんと10年のブランクが開いた。しかし、その間彼は何もしていなかったわけではなかった。ニコラップを2009年に初投稿。そして8年の間、独特の人脈とネットラップなりのキャリアを築き、ぎぎぎのでにろうによってStudioLamaに迎え入れられた。

「LamaOS」でも彼のラップを堪能できる曲がある。まだトラック制作には携わっていないとのことだが、彼のサンクラを確認する限り、マイハツルアに通じる哀愁感は健在である。今後百牙のトラックがStudioLamaでも聴けるのを楽しみにしたいと思う。

 

10年経っても諦めず、シーンに戻ってきた百牙の姿をぜひ見てもらいたい。イベントに合わせてStudioLamaも動き始めている模様。以前からぼくのりりっくぼうよみとの絡みも気になるStudioLamaだが、今後の動きも目が離せない。ぜひWorld Wide Words 2017に足を運んでもらいたい。

 

www.rapstar-ent.com

studiolama.net

夏が始まった。

何も考えずにバイトのシフトを組んでしまったんだけど、工場 + 日雇い×3日 + 工場×2日 という6連勤が組み上がってしまっていた。いやぁ、地獄も地獄。
その日雇いって言うのがうちから1時間半の距離にあって、交通費は出してくれるので別位にいいんだけど、7時半集合だから4時半に起きなきゃいけなかった。人は寝ないと死ぬんだなあとうっすら思いながら毎日必死に起きて出勤した。疲れが着実に蓄積された。陽に晒されながら汗を流して誘導をした。マイクをもって著名人の元に走って向かった。買い出しを4回もさせられた。ひたすら過酷なバイトだった。

そんな時にひたすら思ったのが「プールに入りたい」ってことだった。浮きたい。とにかく水に浮きたかった。

だから今朝はちょっと事務作業をして、でも気付いたら1時回ってて、焦って家を出た。自転車に飛び乗り、ひたすらペダルを漕ぐ。暑い。でも今暑ければ暑いほど、快楽が待っていると思って我慢した。プールがあたしを待っている。

工事をしている現場を通り過ぎた時、ふと「かなえちゃん!」と声を掛けられた。仕事中のDJ MHA君だった。「えー!」って焦りながら応答すると「どっかいくの?プール?」と聞かれて、焦りながらも笑ってそうだよと答えた。下町はみんなプールが好きだ。

普段は迷ってしまうような入り組んだ道を飛ばす。距離にして3km。遠くはないが、近くもない。でも汗が滴れば滴るほど、期待が高まる。そうして息を切らしながらプールにたどり着いた。

入場券を購入し、さっさと着替えてプールに向かうと、ノンケの友達がいて嬉しくなる。40過ぎ、身体にはタトゥ、まだ7月なのにすでにまっくろなえいじくん。どうしようもないんだけど、そのどうしようもなさが癖になる。

さっそくプールに入った。気持ちが良い。重力から解放される。冷たい水が心地よく体温を奪っていく。それを太陽の光がフォローするように照り付ける。水に浮いてるだけで幸せになる。

子供の頃は泳ぐのが本当に嫌いだった。
1歳で水泳を始めた。8歳くらいになると既に才能がタイムという形に表れていたんだけど、あたしは落第組だった。10歳になると速い子は選手コースに入れられ、ジュニアオリンピックを目指して練習した。その端っこで落第組としてあたしも練習していた。「あと4km」明るい未来も見えないのになんでこんなに泳がなきゃいけないんだろうといつも悲しかった。

30過ぎると泳ぐことをさぼっていてもさすがに誰からも咎められない。好きなだけ浮いた。太陽の日差しを浴びて、顔だけを水面にだして、たっぷり呼吸をした。足は沈んでしまうが、水に身を任せてただ浮いていた。本当に気持ちが良かった。

鼻をつまみ、水面に潜る。ゴーグルを通して見る水中の世界はほんとうに青くて綺麗だ。ふと水面を見上げたら、太陽の光で紫に染まって気泡と波紋のせいでキラキラと光っていた。あたしはこれが見たかった。

泳いだのは正味200mくらい。でも体がほぐれた。その感覚が好きで水の中でヨガをした。祈りのツイスト、椅子のポーズ、他にも色々。体と心が楽になる。幸せだった。

プールサイドにあがり、寝ているえいじくんとどうでもいい話をするのも楽しかった。金がないという話ばっかり延々と続く。そのどうしようもなさの心地よさよ。本当はずっとプールにいたかったけど、まだ7月も前半。3時を過ぎると冷えてくるので泣く泣く上がった。

さっきまでの気持ちの良さが嘘だったかのように湿度と気温に体を攻撃をされ、沢の湧水のように汗を滴らせながら必死に自転車を漕いで帰った。でもなんとなく気持ちの良い暑さだった。

今年も短い夏が始まった。

DJ MAS aka SENJU-FRESH!新作mixCD・BLACK EMPERORが登場!Rittoも参加!

DJ MAS aka SENJU-FRESH

f:id:makisakouonuma:20170712210503j:plain

下町千住を代表するスーパーDJ、DJ MASの最新作が遂にリリースとなる。その名もBLACK EMPEROR。DJに疎いという人もシスコ渋谷店最後の店長と言えばDJ MASの凄さが伝わるだろう。バイヤーとしても活躍し、一時期は日本のHIPHOPシーンにおいてその流行を作り出していた過去を持つ。そして現在は魚屋を営む傍らでDJとしても日本全国様々なクラブで活躍し、自身のイベントSENJU-FRESHも北千住で開催。下町が誇るHIPHOP重要人物なのである。

BLACK EMPEROR

気になる新作mixCDだがのっけからMudd & PollardからDaniele Baldelliに繋げるなど、ジャンルや時代を超越する選曲をかましている。しかし双方の曲に通じるグルーブを持ち前のスキルで繋げるDJ MAS。更にはDJ KrushやDJ Shadowなどお馴染みのアーティストも収録しながら、最後は話題沸騰中のBig-Re-Manで〆るという超展開も楽しめてしまう。踊るもよし、BGMとして流すも良し。他のDJのmixCDとは一味も二味も違うとっておきの1枚になること間違ない!

RITTO・あべともなり・遠導from Ratchildも参加

特筆すべきは沖縄が誇るMC、RITTOの完全未発表曲「Brain」を収録。さらに下町が誇るVLUTENT RECORDSのあべともなりRatchildの遠導のコラボ曲「Black Emperor」も入っているが、なんとトラックはSIMI LABのHi'spec。このmixCDでしか聴くことのできないレア音源となる。DJ MASのためにアーティストが集結したといっても過言ではない。
この豪華すぎるmixCDをぜひゲットして楽しい夏を過ごしてもらいたい。

イケメンラッパー図鑑、最新号は田中光!!

イケメンラッパー図鑑 004 田中光

待望の(?)イケメンラッパー図鑑、今回は田中光君です。

f:id:makisakouonuma:20170712100839j:plain


戦極バトルでお馴染みのMC正社員率いる戦極CAICAよりstアルバム「ECHO CHAMBER」を華々しく1リリースした田中光君に制作秘話などを聞いてみました。
Meisoや輪入道といった客演陣とのエピソードもお届け♪
なにより田中光君の音楽がとってもかっこいいので良かったら読んでみてね。
こちらからどうぞ

coloppe.com

f:id:makisakouonuma:20170712101621j:plain

イケメンラッパー図鑑バックナンバーはこちら

001~KMC

coloppe.com

002~あべともなり

coloppe.com

003~狐火

coloppe.com

さっそくSNSでも反響があって嬉しい限り。シェアしてくれた方々本当にありがとう。

LGBTメディアで連載を頂けることになり、「そうだ、ラッパーをアイドルとしてLGBTに売り込んでみよう。CD買ってもらえたらウィンウィンじゃん」って軽い気持ちから始めたのがイケメンラッパー図鑑でした。ネーミングからしてぶっとんでるけど、実際はストレートの方々からの反響の方が凄くて意外とまじめなインタビューに路線変更。

面識があって、フィジカルでちゃんと音源をリリースしてて、アーティストとして尊敬できる人を自分なりに追ってます。ってものを大切にしたかったの。でもおかげさまで今回で4回目。本当はもっとペースアップしたいんだけど、ちゃんとアーティストに向き合いたいから時間をかけて作りたい気持ちもあって。でも10記事たまったら独立コンテンツにしたいと思ってます。次回はあの人に突撃!期待しててください。

 

今回ご紹介した田中光君のアルバムはこちら

ECHO CHAMBER

ECHO CHAMBER

  • 田中光
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥2100

 


それでいいっしょはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

  • SEOブログパーツ
  • SEO
  • loading
  • それでいいっしょ