それでいいっしょ

ゲイHIPHOPライター鼎のブログ

続・足立区避難体験記

www.kanaehiphop.tokyo

 

その後無事に自宅に帰ってこれました。
それどころか、京成線など動いてる電車を乗り継いで都心へと向かい、車で出張にも行けちゃった。サラリーマン魂に火をつけろ。ようやく出張から戻ってきたので避難記録の続きを。


-----

f:id:makisakouonuma:20191015171954j:plain

21時、避難所は消灯となった。少し早い気もするが、運営の負担を考えると寝てくれた方が助かるわなという感じ。子どもたちや老人、また、慣れない避難に疲れた方々は次々と毛布に身をくるみ、それぞれ寝始めた。それでも容赦なく雨は降り、風は吹き付ける。若い人たちは眠れず、仕方がないから布団に入りながらスマホをいじっているという感じ。

まだ暴風域に入っている状況の中、私も眠れるわけもなく、荒川の水位をライブカメラでひっきりなしに確認していた。見たこともないくらいの増水。越えそうで越えないラインをギリギリに保つ。これが氾濫したら、そして決壊したらどうなるんだろう。言いしれぬ不安が募る。

他の記事にも書いたが、私の地元の隣の市は利根川決壊の被害にあったエリアだった。土砂かきだしのボランティアに行ったが、辺りは様々なものが流され、ドロドロの土砂に埋め尽くされていた。またこんなことが起きたらどうしよう。ましてや海抜ゼロエリアなら更に沈んでしまうのではないかと不安で不安でしょうがなかった。


しかもどんどんと状況は悪くなる。
荒川から隅田川へと水を流す分岐点となっていた岩淵水門が閉鎖された。これまで隅田川へと流れていた分の水がそのまま荒川に流れるので水位は上がってしまう。より都心部を流れる墨田川を増水から守るための都の下した判断である。残念ながら仕方ない。


更に荒川系である二瀬ダムの緊急放流が発表された。緊急放流されれば荒川の水位は更に上がる(後に放流はなかったとの報道)。

そして綾瀬川の氾濫警戒レベルが5になったとアラートが鳴り響いて私達に知らせた。
足立区にも花畑辺りを綾瀬川が通っている。
おまけにSNSでは荒川の水位のピークは午前4時なんて情報も出回っていた。確かに川が増水するのは台風が北上してからだ。


この頃には居ても立ってもいられなくなり、何か新しい情報はないかと運営本部に顔を出していた。消防署員なのか区の職員なのか、消防団員なのかは不明だが、彼らのトランシーバーからは綾瀬川の氾濫についての情報が流れていた。

「一階にいる人たちを全員二階に上げて」という指示が出て、緊迫感が一瞬押し寄せる。ついに来たかという感じ。これもこの時初めてわかったが、昇降口にマットを敷いていた方々は冷遇されていたわけではなく、糞尿の世話ができるようにとペットを連れて避難した人たちだった。そんな彼らにも三階にあがってと指示が出た。ペット用のキャリーバッグを大切そうに抱えながら彼らは移動し始めた。


ようやく暴風域を抜けたのかパラパラとした小雨になり、あれだけ激しく吹いていた風も弱くなった。避難所を抜け出して大きな通りに出てみたが、人っ子一人いない。まるで世界の終わりみたいだった。


夜も更け、二時を回ると安心して帰り始める避難者が出始めた。内心「まだ増水のピークは去ってないよ」と思うが、声をかけるわけにはいかない。一人、また一人と去っていく。電源が空いたのでスマホの充電をさせてもらった。ありがたい。


緊張の糸が切れたのか、眠気がやってきた。まあ、氾濫してもここにいれば大丈夫だろう。そう思いながら目を閉じた。でもやはり心配で起きてしまう。アラートだって鳴る。その都度ライブカメラやニュースを見て「大丈夫」と安心してまた眠る。そんな時間が朝まで続いた。
一度目が覚めた際に外に飲み物を買いに行こうとしなら運営本部の方たちも机に突っ伏して寝ていた。お疲れだよなぁ。市民のために少ない人数でこんなに働いてくれたんだもの。


朝七時に起こされる。あまり眠った感じはしないが、もう避難所は閉鎖になるらしい。峠を越えたということか。ホッとした。なんとか氾濫は免れた。

f:id:makisakouonuma:20191015173836j:plain


帰宅をして仕事に向かおうと準備をしながらスマホでニュースを見ると各地で氾濫が起きていてゾっとした。私達が無事だったのは本当に運が良かっただけだった。
私達に毛布や食料を用意してくれた足立区には感謝が止まらない。また、SNSで状況を見て避難先にと呼んでくれた友人もいた。ありがたかった。

今回は急いでケータイ周りと服だけカバンに詰め込んでいっただけだが、もし停電になっていたら、断水していたらと考えたらゾッとする。普段からの準備が大切なんだと反省した。

引越しも視野に入れながら、今回の経験を次に活かそうと強く感じた。

 


 

足立区避難体験記

f:id:makisakouonuma:20191012203318j:plain

荒川の氾濫が警戒されており、現在足立区の小学校に避難している。自分はアパートの二階に住んではいるが、海抜ゼロエリアなので二階でも微妙。スマホの警報が鳴り響いたので荷物をまとめて近所の小学校に移動した。

昇降口で受付。住所や名前を書いて待つと、メインの建物はすでに一杯なのか、別館の建物に案内された。足立区からマットと毛布の貸与があり、児童会議室という二階の教室に22人でマットを敷き詰めて雑魚寝をする。入り口の付近を割り当てられたので人の出入りが多く、あまり居心地は良くない。電源はあるが、使えなさそうな雰囲気。

水道が生きているので水の配給は基本的には無しだが、インスタントのアルファ米とクラッカーの配給があった。冷水しかないのでアルファ米は戻すのに1時間かかるとのこと。クラッカーを食べたら思いの外美味しかったのと量があってお腹がいっぱいになってしまい、結局アルファ米には手を付けず。

教室内の人々はわりとそれぞれ自由に過ごしている。親子連れ、カップル、老人、白人の女性もいて様々。トイレも綺麗で快適。別棟に行ったらテレビのニュースを放映している部屋があり、多くの人が不安そうにテレビを見つめていた。
外に出てみると小学校の前には団地があり、その管理事務局の前に飲み物の自販機もあった。
ただ、他に空き教室があるのに昇降口にマットを敷いて寝ている人もいて不憫ではあった。
その点を除けば基本的には快適だけど、明日になれば台風は去り、またいつもの日常、そんな風に楽観しているからかもしれない。これが何日も続いたら果たして耐えられるだろうか。

現在荒川の警戒レベルは4。いつ氾濫してもおかしくはないということでニュースから目が離せないが、3階建の建物なので決壊しても逃げ場があるのは安心できる。21時消灯らしいので折を見て深夜に帰宅しようかとも思っているが、もう少し様子見。

荒川が決壊することがないように心から祈っている。

日本人トロピカルハウスのSpotifyプレイリスト作りました!

和製トロピカルハウスのリスト作ってみました。

メジャー処もてんこ盛り。

夏の終わりにぴったり♬

聴いてみてね。

 

 

#perfume #Generations  #水曜日のカンパネラ  #清水翔太  #ちゃんみな  #RIRI #winds  #橘慶太  #三浦大知  #赤西仁  #Awich  #東京女子流  #ピッケブランカ #傳田真央

ゴールデン街もすっかり変わっちゃったね

最近、ゴールデン街にまた通いだした。
通いだしたといっても、頻度としては年に二回ほど。
家から遠いから現場が新宿方面だった時にしかいかない。
あと、飲み物の単価も安くはないからお財布が潤っている時だけ。
先日も新宿解散の現場があったから気が向いて行ってみた。

 

学生時代に縁のあったお店があって、10年ぶりくらいに行ってみたのがきっかけ。
あの頃、ゴールデン街という町はあたしにとって衝撃的で本当に刺激的だったんだけど、お店のママはあたしのことなんてきれいさっぱり忘れていて、その思い切りの良さに逆に好感を持てた。
酔っぱらうとその日にあったことは脳がリセットされて忘れちゃうんだよって笑っていた。

でも共通の思い出話をしたりくだらない近況報告をして過ごしているんだけど、まあ、ゴールデン街は変わっちゃった。
すっかり外国人観光客向けの飲み屋街だ。

そのお店も客の1割は常連、もう1割は初見の日本人、残りの8割は外国人観光客だ。
それはそれで売り上げになっているから別にいいみたい。
それにママも英語ができるから大抵の外国人観光客に気に入られる。

 

昔はそういう街ではなかった。
編集者とか記者とか、アーティストとか文化人崩れの溜まり場だった。
名の知れた新聞や雑誌の方々もいたし、大掛かりなアート展を主催しているお店もあった。
あたしみたいな学生は「最近の学生はそんなのも知らないの?」といじられながらも彼らにご馳走になったりした。
あたしはそのころからゲイだと公言していたから特に彼らに気に入られていた。

 

そのころから世代交代はもう行われてた気がする。
自分たちよりも少し年上の人たちが始めたお店なんかも色々あった。
「もうみんな歳だからあの頃のお客さんはすっかり来なくなったね」とママは笑う。
そして通りすがりの外国人が入ってくる。

 

この間は隣にベルギーの外国人カップルが座っていた。
自分も少しくらい英語ができるから話していたけど、ベルギーの話なんてわかんない。ヨーロッパの90年代ポップとの話をすると大抵は喜ぶんだけど。
それでもなんとか色んな話をした。
酔っぱらってて全部忘れちゃったけど。
下手に英会話スクールに通うよりもよっぱどお勉強になるなとなんとなく思った。
ママはそんな時は口を挟まず、ニコニコしながら静観している。
いいお店だ。

 

街の雰囲気は変われども店とその主人は変わらない。
そしてその雰囲気はあたしは嫌いではない。
恋人ができたらいつか連れてきてあげたい。
単価も安くないのにごくごくお酒を飲みほしながらせめて三か月に一回くらいは来ようってなんとなく思う夜であった。

それでいいっしょはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。